俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

俺と某の一年戦争 〜東海決戦

ブログタイトルを付け加えました。前期末考査も終わって、戦い(?)が佳境に入ったのでね。最初で最大の人生の分け目までもう1ヶ月半程しかないもので…まだ成人もしてないのにこんな大きな人生の分け目がくるとは…orz。付け加えたタイトルの由来は特にないが、ちょっと「地名+決戦」で中二病というか海軍っぽくしてみたw。今のブログタイトル同様、全てが終わったらまた前のタイトルに戻すから。
今日は、てすとよっかめ…というか最終日。一言で表せば、「締めくくり」。
今日も図書館へ行こうとしたのだが、なんと蔵書点検のためか休館日だということが判明したorzタイミング悪す。昨日はキノの旅の興奮(?)がおさまらずなかなか寝れなかったw。明日こそは読みにいこう…とはいうものの、午前中くらいはいつも通り勉強しないとさすがに危ないかw。

〜「キノの旅」一巻の超簡単な感想〜
感想を言わずにはいられないのでw(これから読む人はネタバレ注意)
PR、森の中でb…まだEPの方を読んでないのでよく分からない。
1、人の痛みが分かる国…互いの思ってることが分かる、こういうこと考えもしなかったなぁ。互いの思ってることが分かるのもけっこう辛いモンだな。一番いいのはどうすることなんだろうな。
2、多数決の国…実際こんなに人が死ぬことはないと思うw。
3、レールの上の三人の男…けっこう興味深い話ではあったが、結局どういう意味だったのかが謎だった。なんかの寓話だとにらんだが…誰か解説プリーズw。
4、コロシアム…キノもシズも強いな。
5、大人の国…キノが旅に出るきっかけになった話。人の価値観もそれぞれだけど、考えさせられたな。
6、平和な国…平和には何らかの犠牲がいるそうだ(今回でいうと、タタタ人の殺戮)。今の世の中で犠牲になってるものは一体何だろうか。いや、まだ平和でさえないかも。当たり前だが、犠牲のない平和が一番平和だわな(あるかどうかは知らんが)。
EP、森の中でa…未読
うぅむ、勉強すっぽかしたくなるほど読みたくなるものだ。すごい魔力だなww。