俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

人間心理は解けない迷路並みに複雑なり

「嫌なら見なきゃいい」で済むほど人間単純じゃないと最近思う。仮に俺がなんか見聞きして愚痴るとするなら、それは「嫌なものを見て不快だったから」より「そのものの存在自体や事実を抹消したいから」っていう理由の方が大きいと思う。
学科の中にむっちゃ声がデカくてよくしゃべる学生がいてまぁ一人ぐらいはいるわなと思ってたけど、今日そいつが関西人だったということを思い出してハッとしたわw。これなら説明がつくっ。愛知の大学に関西人は予想以上に浮くもんなんだな。
なんだかんだ言ってあと試験も3日だな。即ち2年生もあと3日である。今日は明日の分の勉強しようとしたんだが、もはや戦意喪失してる事が自分でもわかってて全然やる気が起きないorz。高得点を取りたいという意志はなく、とりあえず単位が取れれば何でもいいというレベル。俺も成り下がったものだな。もうダメだ、俺には才能がなかったorz。いや、厳密には「自分よりレベルの高い場所で努力をするという才能がなかった」か。