俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

カタストロフィの再来

定期試験6日目。俺もこの世界もどうかしている。2日前の疑念は確信に変わってしまいました。前回より断然頑張ったはずなのに結果がこれということは、どうやら私には努力の才能がないようである。普通の人が一回やって覚えられることを俺は3回やらないと覚えられないしな。あんなに宣言したのになぁ…。なんか俺の人生はクソの役にも立たない気がしてきた。思えば私の人生は良かったことがあってもそれは一時的なもので、長く語り継げられるような良かったことはなかったなぁorz。それどころか悪いことの方が多かったし、俺の今までの人生は一体何だったんだろうか。でもロクに親孝行もしてないので、まだ死ぬわけにはいかないデス。
2日前の科目の担当教員が「何もかもが汚い」なら今回の科目の担当教員は「えげつない」である。大学教員は神職者じゃないので慈悲はない。とはまぁなんだかんだあったけど次で最後の試験になる。その最後も一二を争う危ない科目だけど、試験は明後日だしせめて最後ぐらいは勝利を飾りたい。