俺と某の電撃戦

旅行と科学系の事が好きな人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

失われた未来を切り開く―。

↑このフレーズが何故か気に入った。
昨日頑張ったから実験レポート終わったよヤッター。でも比較的手抜きだから返却後の修正が大変だろうなw。それに明後日また実験あるしなorz。でもとりあえず今日は多少早めに寝れるよ、やったね(ry。
書くネタないし高校時代の話でも。色々あって部活は高1が終わるのと同時に辞めたと言うのは前にも話したが、「この部活はどうかしてる」と確信した時が2回ある。一つはインフルにかかって治り始めた土日に「だったら部活来い」と電話で言われた時。インフルは解熱後も2日は出席停止で安静にしていないといけないらしいし、自分自身も本調子じゃなかったから安静にしていたかったけど、それでも来いって何言ってんだって思った。もう一つは交通手段がないのに「何としてでも外部での合同の練習試合に来い」と言われた時。会場が遠くて交通の便が悪い場所でその日は親がいなくて車に乗せてってもらえない状態だからどうしても行けないのに、チャリでも何でもいいから来いって感じだった。結局その日は無断で休んだ(後日風邪だったと嘘ついたが感づかれてたと思う)。この頃から退部が決定的になった思う。おしまい。