俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

訣別電報を送るレベルの窮地

もし俺が定食屋の店主で大盛りメニューを出すとしても、「○○分以内に完食したら無料」というのは多分やらない。散々大量に食わせてその分払わせるw。残しても追加料金、鬼畜w。ただ写真撮って店内に掲示することはすると思うが。
今日の朝大学行く途中でおばさんに挨拶されて「もう大学生なんやね」「大きくなったね」と声をかけられたんだが、終始心の中で「誰だっ!?」と連呼してたw。同級生の親だと思われるが、記憶にない。
暑いな今日は、6月になる前からすでに夏になってるじゃないかw。とりあえず雑誌会は理解できない英文はなかったことにするとして、とりあえずスライドは8割方で来た。あとレジュメが必要らしいから要約して作って発表する台詞考えたら、あとは来週玉砕するだけだw。実は論文の翻訳は直訳意訳含めて5回やったんだが、それでもやっと半分理解できたレベルだから俺の英語のレベルが知れてるw。