俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

止めるにはもったいないが続けるには状況が悪すぎる

卒研に関して昨日不安を一言綴ったが、今日でそれに拍車がかかって不安が助長された。と言っても自分の直属は研究室の先生で、自分一人で勝手な行動をとれずその都度指示を仰がないといけないので進捗は思うようにはいかない。マンツーマンも一長一短である。そして前も言ったように前例のない研究で未だ装置すらまともに用意できていない開拓地状態なので、そりゃ焦ります。例えるなら、残りの時間を使って西部開拓時代の荒地に現代のような東京の街を作れと言われているようなもの。
アカン、今日めっちゃテンション低くて萎えてる。けど寝れば多分戻る、いつもそうだし。