俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

帰り道、地元の駅を降りた時には傘をさすほどでもない程度にしか雨が降ってなくて地面もほとんど乾いた状態だったのに、駅を出て1〜2分したら突然土砂降りの夕立が降り出した。折りたたみ傘で切り抜けるには雨が強すぎたので近くで雨宿りして弱くなったとこでまた進みだしたんだわ。そしたら警報出てるんじゃないかというほどの今までで一番強い雨が降り出して、傘さしてるのに頭含めて全身濡れたorz。道の一部が水没してたぞ。何とか強行突破して帰ってきたけど、帰宅後10分ぐらいしたら雨止んだorz。俺何か悪いことしたかって思うほどの運の悪さである。雨宿りの間に蚊に複数個所刺されるし。ブログのネタにできたことが唯一の救いか。
研究が進んでないとは前々から言っているが、だからと言って頻繁に実験ができる研究ではなく待機期間のようなものがあるから、何かやらなければならないのに何もできない現状がものすごく焦る。次でダメだったらもう終わりだ。大袈裟に言ってるように聞こえるかもしれないが、この研究でかなりの額の研究費がかけられてるから失敗は困る。
この状況で甘々と稲妻のアニメ第2話を見ると泣きそうになるw。