俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

Look who's talking

行きはかなり吹雪いてたけど名古屋着いたら吹雪くどころか積もってもいなかった。あと今日は研究室の忘年会でした。年の瀬は大変だなぁ。というか気付いたら今年も残り数日になっていた、早い。自分にとっては最後にして最大の難関となる修論発表が大きな節目と考えているので、あまり今が大きな節目だという実感がない。
卒業はゴールではなく新たなスタートであるとよく聞くが、3日前の記事タイトルにも書いたように今の俺の場合ではどう考えても卒業式=エンドロールという感覚にしかならない。この2年間の院生生活で色々な経験ができたので、もはや今が人生の最盛期な気分。で、あとは下山するのみなのでそう思うのかも。ちなみにこの例えでいくなら、修論発表=ラスボス戦、修論発表〜卒業式の期間=エピローグ、入社以降=DLC & EXステージです。あと話変わるけど、最近切腹してる自分が無意識に度々脳裏に浮かぶんだが死ぬのか俺w。