俺と某の電撃戦

旅行と科学系の事が好きな人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

最終章 忠義

 今日の夕方は雨の予報だったが先週に続いてまたしても夕方には雨が止んだので、夜に走りに出ることができた。これまでの分が報われたのだろうか。もしくは何者かに監視されてる事に気付いたってことが分かって退いたのか。
 台風が来るってなった時に会社では前日のうちに「台風の影響で明日は午前中だけです」っていうメールとアナウンスが出てたんだが、メールの転送元を辿って見てたらシンゴジラの「送れ」って言っていく報告シーンみたいにどんどん報告が回っていくみたいで良かった。シンゴジラは現場から上部組織だったけど今回の場合は総務から各部署→さらに細かい部署って感じ。そしてアナウンスがあった直後の部署内の静かな喜びと小さなざわざわ感が、あ~大人の世界だなって感じた。学生の時はインフルによる学級閉鎖や台風による早帰りのアナウンスで歓喜の嵐だったからねw。