俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

人間のアマチュア

国語に関する思い出話でも。
高校受験の国語は特に問題なくできたんだがセンター試験で出てくるような国語はホント苦手だった。膨大な文量の中から短時間で正解に関する文章を探すのが大変で、さらに選択肢を消去法で消していっても大体最後の一択までは絞り込めなかった。正解に関係する一文を見つけても、その部分を精読しすぎて日本語が理解できなくなるぐらい混乱することもあったw。まぁセンター本番の現代文は模試の時に比べれば多少マシではあったが、古文と漢文は相変わらず絶望的だった。日頃から活字を読んでなかったってのもあるだろうけどな。
それに関連して、有名な小説もこれまであまり読んでこなかったので内容を知らないってことも多かったりする。ただ最近ちゃんと読まないにしても大体の内容ぐらいは知っててもいいのではと思うようになってきたので、ググるなりコミカライズを読むなりしてみようかと思ったりしてるところである。日本史の次は文学に興味を持ち始めた。まぁちゃんと原作を読むわけじゃないし、現時点では小説自体より話の内容にのみ興味を持っただけなので文学って言うのもおかしいんだがな。ここからさらに原作に興味を持って実際に読み始めれればそれはそれで理想形。全体を通して都合がいいのはご容赦ください。
今日読んだもの↓