俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

俺と某の街コン 前編

f:id:arice403s6c7:20190101115159p:plain


 はじめに……ここでの内容はあくまで私の主観であり客観的な評価等はないので、街コン初参加者のサンプルの一つとして参考までに留めてください。


 先日私マコトは人生初の街コンに参加してきました。まぁもうこの歳だし別に特別なことではないと思うが色々あって行くことになりました。そういうわけで今回の街コンについて軽くレポート記事をまとめたのでどうぞ↓。

ブログ主さんが街コン行くなんて正直意外です

 リアルで会ってるような人からはそう言われても不思議じゃない……と自分では思ってるし、俺自身初街コンは特別な行事と思うレベルだったから今回レポート記事にしました。

背景と参加決定までの道のり


一応このことに関する関連記事を載せておく↓。
arice403s6c7.hatenablog.com


 始まりは会社の同期と鳥貴族へ飲みに行った時に同期から街コンへ行った時の話を聞いたことからだったと思われる。当日の様子や詳細等の話と一緒に街コンの調べ方や選び方の概要について聞き、行ってみてはどうかと勧められた。


 人生経験でなら行ってもいいかとは以前から思っていたが、いざ行くとなるとやはり成果が気になるし「俺なんかが行ってもなぁ」という気分も払拭できずなかなか参加に踏み切れない。今までそういうことを本気で考えたこともなかった。かと言って言い訳をしていつまでも行動に起こさないでいても周りは不快になるだけだし、話す相手によっては面倒なことになる。それに実際のところどうなのか分からないから自分の中でもモヤモヤが残る。


しかし私は考えた。


「もし俺に魅力がないのならそれをここで証明してしまえばいいじゃないか」


 なんだかんだ言って行動しないぐらいならばここで確固たる証拠を得てしまってきっぱりと諦めをつけてしまえばいい。証拠があるなら論理的に弁明(?)することもできるし。そしてもし今回上手くいったならそれはそれで良かったということで。とにかくどちらに転んでも自分に利益がある(ようにしないと参加に踏み切れなかった)。このことを考えついた時は心の中でFE覇者の剣のナーシェンみたいな笑い方をしてたw。私はこれを「未来への希望の光で自らに終止符を打つ」と表現した。ただあくまでも主目的は「人生経験のため」である(大事なことなので念のため)。


なんというネガティブな動機付け・・・・・・


会社の同期にも


「人生経験ってのもあるけど、まぁ、なんというか……うだうだ言っててもしょうがないから”ケジメをつけるために"参加することにしたって言えばいいのかな? どう表現していいのか分からんなぁ」


と話し、それに対し同期は「ニュアンスで(意気込みは)何となく分かった」と言ってくれた。多分理解してくれたw。


 私の恋愛に対するスタンスは、「彼女や結婚相手はいるに越したことはないが、いないならいないで別にいい」なので血眼になって出会いを求めるという感じではない。拒み続けても巡ってくるものこそ本当の運命。一応このことの詳細やこう考えるに至った背景もあるのだが、書くと長くなるし話が脱線しそうだし人によっては不快になると思われるので今回は割愛。もし機会があれば書きます。


参加準備


 参加する街コンは同期から聞いていた選び方の概要やネット上の情報を参考に選んだ。モノによっては詐欺紛いのものもあるらしいし、どうせ参加するならちゃんとしたものを見てみたい。何度も参加するつもりもなかったので、自分が支払う料金に関しては特に気にしないことにした。ちなみに最初はアニコンを探してたんだが、以前書いた通り岐阜で休日に開催されるアニコンは数週間~1か月前の時点でどれも完売or再販待ちだったので断念。結構人気あるのね。


 あと言い忘れてたけど一人参加です。周りに誘える人もいなかったのでやむを得ない。勧めた同期が一緒に参加しなかった理由はお察しください(決して悪い理由ではないぞ)。


 そしてチケット購入してあとは開催当日を待つのみとなった……しかし(デデドン)。


 開催数日前になって開催最低人数に達しなかったということで中止のメールが来たorz。そういうわけでこの時は結局参加することなく終わってしまった(参加費はちゃんと返金されました)。


この日のためにブログ主さんはスケジュール調整をしていたのにこの有り様です


 これは私は行ってはならないというお告げなのではと思ったが、開催中止は普通にあるらしいしここまで無理して意気込んで結局参加すらしなかったというのも地味に消化不良なので、別の日程で似たようなものを探して予約・チケット購入した。


 なんやかんやあったがこうして私は今度こそ街コン当日を迎え、「戦場」へ向かうのだった……。



 後編へ続く↓


arice403s6c7.hatenablog.com