俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

【ミシュランガイド掲載】焼干し中華そば「麺切り白流」再び+周辺散策

f:id:arice403s6c7:20190522113310j:plain:w500


 「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重 2019 特別版」にこの前行った「麺切り白流」が掲載されたということで、それを勝手に記念してもう一度行ってきました。結構印象に残ってる店だったしなぁ。店の概要等については前回の記事にも書いたのでそちらを参照↓。


arice403s6c7.hatenablog.com


f:id:arice403s6c7:20190522113424j:plain:w500


 前回は開店と同時に入ったが今回は開店から1時間半ほど経った頃に訪れた。駐車場はほぼ満車で私の前にも2組ほど待っている人がいる状態とやはりかなりの繁盛ぶりでした。


有名店って感じがしますね(?)


f:id:arice403s6c7:20190522114802j:plain


 そして刮目、これが「特製醤油そば」。いやこの前と一緒ッッ。写真の構図(?)までほぼ同じみたいになってしまったw。私が着いた頃には味噌もモーニングスペシャルである塩も完売してたんですよ……(各限定20杯)。しかし出汁をとる魚介(焼干し)は日によって違うので今回は今回でこの前と違う味を楽しむことができたゾ。この日が何の焼干しだったか言うと行った日にちがバレてしまうので伏せておくが、その出汁の風味を感じる食べやすい一杯でした。


焼干し中華そば - 麺切り 白流 【岐阜県瑞穂市】


f:id:arice403s6c7:20190522121306j:plain
f:id:arice403s6c7:20190522121503j:plain


 このまま帰るのも勿体ないということで、今回は店の周りを歩いてみたりもした。いや、なんというか見事に何もない。車道は結構車が通っているがいなくなると風の音と鳥の鳴き声しか聴こえないほど閑静。このど真ん中でトイレ行きたくなると焦る……というか実際行きたくなって焦ったw(何とかトイレのある場所を見つけて事なきを得ました)。しかし私がイメージする「ボーっとしていたい田舎」に近いものもあったので「そうそうこういうのでいいんだよ」とも思った。これであと四方を近くまで山に囲まれていて古民家があれば最高でした。


何もないとはいえ、北に進めばイオンタウンがあります


f:id:arice403s6c7:20190522122313j:plain


 これ、雑草生え放題の休耕地かと思ったら麦畑だったっぽい。田んぼとか野菜畑とか果樹園とかはしょっちゅう見るけど麦畑って生ではほとんど見たことない気がする。しかし草むらからパチパチ音が聞こえたのは何だったのだろう。


f:id:arice403s6c7:20190522124447j:plain


 THEローカル線、樽見鉄道。白流から南東に向かうと見えてくる。私も小4の頃に一度乗った覚えがある。奥に見えるのは美江寺駅。これで周りが山に囲まれていたら秘境駅感が出てたと思う。いや、このまま本巣の方に進めば山に入っていくのでそっちの方の駅は秘境駅って感じがしてるハズ。あとだいぶ前にテレ朝の帰れまサンデー(現 帰れマンデー)の無人駅のコーナーでタカトシの皆さんが乗ってたローカル鉄道でもある。私は偶然生で観てました。多分この回↓。


バックナンバー|帰れまサンデー|テレビ朝日


 ……ただのグルメレポ記事のつもりがなんかすごくのんびりした感じになったな。まぁこういう雰囲気も好きなのでいいけど。欲を言えば美江寺宿でも有名だったからそれ関連のも見れたら良かったんだがな。


でもノスタルジックで良かったね


 以上、2回目の麺切り白流と周辺散策の話でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。