俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

害虫との戦い

 ……なんか今年の夏は自宅内でのGとの遭遇率が高い気がする。例年なら1年通して平均2匹ほど遭遇する程度なのに対し、今年は現時点で既に4~5匹と遭遇している。しかも大きさに関しても例年は2~3cmだったのが今年はほとんどが4cm前後の大型ばかりであるorz。


ひえ~


 私が世界で一番苦手なものの一つであるGとここまで遭遇してしまうのはいささか不本意でございます。高確率で夢にも出てくるし。しかし去年買ったゴキジェットのおかげで私でもGに普通に立ち向かえるようになり、総討伐数を稼げるようになりました(何の得にもならないがw)。ホントゴキジェットのような対抗兵器がなかった頃は家族に任せて一目散に逃げることしかできなかったんだよねぇ。




 あとGに加えてここ最近ノミも何匹か発生するようになってきたのよね。


蚤?


 今まで見たことなかったので最初はコバエかと思っていたが、飛んでる時の軌道が見えないし普通に叩いても平然としてることからノミであることが分かった。恐らく近所の野良猫に付いていたものが家のどこかしらの隙間から入ってきたものと思われる。なんとか発生する条件やパターン、対策もある程度分かったので現在は何とかなっているが、ペットを飼っていないのに出てきたので意外でしたね。余談だがGと違ってノミは小さいし変に素早く床を這っては知らないし羽根もないので、Gほどの苦手意識はないです。外表は似てるけどね。



 しかし蚤の跳躍力は凄いですね。取り逃がした時に「あの大きさの虫なら〇秒後にこの辺りに降りてくるはず」と推測して待ち構えるのだが、予想の時間から何秒も経ってからまた姿を現すので、それだけ滞空時間が長いってことなのですね。あの大きさであの脚力は凄い。


感心してる場合ですかッ


 おしまい。