俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

生殺与奪の権を他人に握らせるな!!



 そういやこの間テレビでやってた鬼滅の刃の「兄弟の絆」と「那田蜘蛛山編」観ました。映画版の無限列車編が各局のニュースで話題になったり、新聞の一面トップで掲載されるぐらいだものな。鬼滅に関しては漫画を1巻だけ読んだのと下記のYouTube大学の解説を観たのみで、アニメを観るのは初めてです。内容だけでも把握しておこうと思って今回観てみた次第です。



 いやぁ、なんというか……良いですね。観終わった後の第一声で「うん、良いなぁ、これ」と口に出してしまったw。人気のあるのも納得できる作画、設定、展開でした。特に作画は初めて進撃やFateを観た時と同じような良さでした。解説にもあったように、男の子が好きな刀や組織がベースになっていることやカッコよさや強さ、コメディ等少年漫画でよくある良さはもちろんのこと、優しさ等の温かさもあるってのが分かる。何というか、今までの漫画の主人公は敵を倒して「やったぞ!」って感じなんだが、炭治郎は鬼を倒しても大体は悲しそうなんですよね。思わず見入ってしまいました。あと普通にグロいので、そういう刺激的なものを求めてる少年少女も引き寄せるのかもしれない。


 私が好きなキャラは冨岡義勇ですかね。あとしのぶちゃんの声がものすごく聞き覚えがあるから誰だっけなぁ……キルミーベイベーのあぎりさんに似てるけどあの声優さんはアレだったハズだしなぁ……と思いながら最後のエンドロール見たら、早見さんじゃないですかッ。萩風かッ、どうりで聞き覚えがあるわけだ。


 漫画を買うかどうかは分からないが、アニメの二期を観るのはほぼ確実と思われる。そういや話変わるけど進撃の次のアニメはいつになるんですか?w



 今後深呼吸するときは「水の呼吸 壱ノ型」って思ってしまいそうw。