俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

俺と某のデブエット記録 ~こうして私は糖質制限をすることになりました~

 以前の記事でも書いた通り、私の減量計画は無事に最終目標達成させることができたわけだ。ちなみに先回の記事はこちら↓。


arice403s6c7.hatenablog.com


 しかしそもそも何故減量しなければならない羽目になったのかを振り返ってみると、逆にどうすれば太るのかが分かってくる。ということで今回は今までとは逆にこういうことすることで太れますっていう紹介ですw。と言っても当たり前のことしかないけど。


誰得……


減量前に私がやっていたこと

 まずはとにかく「炭水化物」ばかりを「常に腹一杯」になるように食べれば、過去の私のように数年でBMIの肥満(1度)を満たすことができますw。


 具体的には週に1~2回はラーメン、それもまぜそば追い飯付きを頻繁に取り入れると高糖質となります。さらに残りの日の昼食もほぼ毎日総菜パン2~3個+炭酸やカフェオレ系の飲み物、学食の丼もの、コンビニ弁当ですね。朝夜のご飯も100g以上は当たり前でしたね。いくら野菜やタンパク質を摂っても太る主要因が過多であれば太ります。


 そしてこれを常に空腹を感じることのないだけの量を食べ、空腹を感じそうになろうものならお菓子も頻繁に食べましたね。間食については減量中も食べることはあったので、ここらへんは個々のカロリーや糖質量より頻度の方が要因としては大きいかもしれない。昔どこかで聞いた言葉だが、「普通の人は空腹を感じなくなったら食べるのを止め、デブは満腹になったら食べるのを止める」というのがあったが、今思えばその通りかもしれないw。今は空腹を感じる時間帯があるようにしてるし、空腹時は免疫力が上がるという話を聞いたことがあるので、ある程度の空腹なら感じても悪い気はしない。でも今も思うことだけど、満腹って多幸感があるから腹一杯食べたいってなってしまうのも分かるのよね。


 そしてもちろん定期的な運動もなし。当時の自分は「ダイエットは一度やり出したら維持のために永遠にし続けなければならないからやる気にならない」とか言ってましたw。今は普通に楽しいというか好奇心でやれてるからいいけど。


 ……とはまぁこういった生活を学生時代に数年続けた結果、入社時の雇入れ健康診断で体重70.6㎏、体脂肪率26%、腹囲93.2cm、BMI肥満(1度)という公式記録を叩き出し、入社1年目で判定Cを食らって会社の保健指導を受ける羽目になったのですね。


その後の展開のついてはこれまでの努力の記事をご覧ください


 院生時代の写真や社員証の顔写真が今とはまるで違うほど丸々でパンパンだからな。なので昔の社員証を上司や同僚に見せて現在と比較させると大体笑われるw。


最後に

 あくまで一個人の分析であり、「こうすれば必ず太れる!」という紹介をする記事ではありません。当然個人差はあるしギャル曽根もえあず体質の方には効果がないと思われるので、「こういうやり方もある」という参考程度に留めて頂ければ幸いです。


この注意書き要ります??




 以上、私が太った原因の分析でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。