俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

生きてるだけで大損害

 ものすごく個人的な好みの話だけど、HELLSING終盤で大尉がそっぽ向きながらハインケルの顎を撃ち抜いたり、バイオ5終盤で別の方向に銃を構えながらも態勢変えずにクリスの方を向きながら攻撃を避けるウェスカーのように、標的に顔を向けずに銃を撃つっていうシチュエーションすこ。


 ということでここ最近読んだ漫画リストです↓。


 7~10巻


 劇場版の無限列車編を観よう観ようと思いつつも結局観れず仕舞いになってしまったので、何とか手を打って無限列車編の分とついでに遊郭編の途中まで読んだ。映画だったらさぞ大迫力なんだろうなぁ。あと須磨かわいいなって思いました。




 だんだんみんなの顔芸が激しくなってきてるw。鎌倉ハムのKウィンナーなんてあったっけ?……と思ったけど、CMパロディを見た瞬間思い出した。あと今回も只草ちゃんがかわいいです。



 ついにロシア戦か⁉ それにしてもこの漫画は自衛隊の話でありミリタリー系ではあるが、地政学や国際情勢について学ぶこともできるな。



 前巻に続いて話が進みそうな予感。



 3月に発売されてた25巻、すっかり買うのを忘れていたのだ。二人の殺人鬼を追って全勢力が札幌に集結し、大きな展開がある予感。


 そして続けて26巻↓。



 網走監獄以来の大規模戦となった札幌大決戦。ジャックと対峙した時のアシㇼパさんがカッコよくてすこ。あとラストの門倉は笑ったw。



 ついに最終巻。とりあえずただ一言、泣いた。


 さて、ここで総額1万円以上も貯めこんでいた図書カードはついに底を尽きましたorz。ということで今回はここでおしまい。