俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

【書籍】男女について理解する 話を聞かない男、地図が読めない女

 はい、今回の面白いと思った本はコチラ↓。


f:id:arice403s6c7:20210509213859j:plain:w500


 話を聞かない男、地図が読めない女


 読み始めたきっかけは「平成で一番売れた本ランキング」にランクインしてたからという短絡的な理由w。他にもランクインした本は何冊か読んだけど、その中ではこれが「嫌われる勇気」と並んで一二を争うほど良かったです。


 さて、この本は今から20年近く前に出版された本で、学んだことを簡潔にまとめるなら、「男女は平等ではないが、互いの思考の違いについて理解し合うことはできる」。以前「モテるマンガ」の中で「狩猟時代から人間の男性は問題解決に、女性は共感に特化してきたため、それをもとにコミュニケーションをとると良い」という説明があったのを覚えているが、それを深く掘り下げて男女の思考や脳の回路が根本的に根本的に違うことを説明したものとなっている。しかしだからどっちが優れているということではなく、お互いそれを理解できれば異性との対人関係がより良くなるって感じ。


ブログ主さんが以前も書いてましたが、思考や行動学、心理学では狩猟時代の行動が根拠に語られることが多い気がします


 こういう行動をしてきた種が生き残ってきたって感じでね。


 もちろん個人差があり、自分はその性別だけどそういう思考ではないってことは往々にしてあるということは本書でも述べられているが、傾向として知っておくだけでも良いのかもしれない。



完全に余談だけど、前述で挙げた「嫌われる勇気」も結構好きなんだが、読んだのは図書館通いを始めるよりだいぶ前な上に、特に他の本のように本の写真を撮ってないのでこれまでのように紹介はしない予定。だけどとりあえずこんな感じの本です↓。





 以上、話を聞かない男、地図が読めない女の紹介でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。