俺と某の電撃戦

旅行と科学系の事が好きな人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

【書籍】“ロボット人間”をめぐるサスペンス小説 脳男

 今回紹介する本はこちら↓。


f:id:arice403s6c7:20211226164101j:plain:w500


 脳男


No 男?


 脳男。見た目も知覚も普通だけど特異な精神障害を持ち痛覚を持たない男性「鈴木一郎(偽名)」。連続爆破事件の容疑者緑川と一緒に居合わせてたり次に爆破される場所を知っていたことから共犯として見られていたけど、警察がアジトに突入した時には緑川と乱闘していたなど、謎の多い男でもある。精神科医鷲谷先生(女性)と茶屋警部(巨漢男)のタッグがその真相に迫る。果たして彼は共犯なのか味方なのか……って話。


 有名文学の類は何冊か読むことがあるが、ここ近年のミステリー小説は滅多に読むことはなかったのよね。しかし会社の上司がオススメしてたのをきっかけに読んでみて、なかなか面白い展開の小説だったので今回紹介した次第です。特に鈴木に精神障害があると特定するまでの過程や鈴木の過去に迫るところは、どうやってその核心に迫っていくんだろうかとワクワクしながら読み入ってしまいました。猟奇的な内容かと思ったけど、ちゃんとミステリーな内容で面白かったです。主人公タッグはどこか「科捜研の女」のマリコ&土門コンビっぽく感じました。また逼迫した状況でもたまにコメディを忘れない雰囲気も気に入りました(茶屋警部がEメール知らないというくだりとか)。


 続編「指し手の顔」も出てるようなので、読む本がなくて困ったときに読んでみようかしら。あと実写映画化もされているようだが、調べてみる限りこちらは内容がかなり違うらしいし、こっちの方が猟奇的っぽい。





 以上、脳男の紹介でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。