俺と某の電撃戦

旅行や書籍、グルメ、雑記等を自由奔放に書いてるブログです。

俺と某の電撃戦

【書籍】航空機のあれやこれやを幅広く ニュートン別冊 ビジュアル飛行機図鑑

 仕事の関係で一眼レフを使ってる時にコピー用紙を重ねてレフ板代わりにして撮影してたんだけど、撮影中にふと「コス撮影にレフ板も欲しいな……」と思い始めた。カメラ始めると物欲が止まらなくなってしまいそうだw。ちな仕事で一眼を使うというのは、テストピースや試験風景の証拠写真を撮ったりするためです。




 今回の本はコチラ↓



 ニュートン別冊 ビジュアル飛行機図鑑


 やっぱ私は車より飛行機とか船といった大きな乗り物が好きなのよね。


 これまでも航空機関係のニュートン別冊は読んできたのだけど、内容がもはやマニア向けかと思うぐらい深い部分のことだったり扱う機種も限られてたりという感じだったのよね。しかし今回のこれは(一部これまでのものと内容が被ってる部分もあるが)主要企業の旅客機から軍用機、特別の用途の航空機と幅広い種類を取り扱っていたり、構造や空港設備についての説明など航空機に関する基本を網羅した内容となっている。求めていた内容って感じだったので、読んでいて思わず「こういうのでいいんだよ」とこういうのでいいんだよおじさんになってしまったw。


 他にもなんでエンジンの配置や数の理由や高翼機と低翼機の違い、派生機のこと等、これまでのニュートン別冊だけでは分からなかったことも知れたので良かったです。軍艦のことを戦艦と呼ぶのはライトミリオタとして少し気になったけどw。




 以上、ニュートン別冊 ビジュアル飛行機図鑑の話でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。