俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

ぐにゃあ

月曜のとある講義の先生が少々変わった人で(前言ってた火曜のディスカッションの先生とは別)、その先生の話の世界観を俺は「○○(先生の名前)ワールドが炸裂してる」と呼んでた。で、昨日の講義で突然学生に対して「日本の夏といえば?」を一人一人聞き始めたんだが、「海」「祭り」と出てきても期待してる答えと違ってしっくり来てない様子。そして最後の方の学生が答えた「原爆」で「そうそうそれだよ、夏といえば終戦の月だよ」という斜め上の答えwヒントが広すぎる。そして来週最後の講義が戦争/終戦に関するディスカッション(?)というどうしてこうなったという議題。しかしもし話の焦点が太平洋戦争になったならこの俺、ひょっとしたら先生を上回って返り討ちにできるだけの知識と見解だけはあるんじゃないかと慢心してます思っちゃってます(ちなみにそこまで歳とった先生ではない)。出しゃばって話すつもりはないが、話を振られたら十分迎撃できるだけの準備をしてみる。今はギコ大学の兵器の人の講義ログの関係する部分だけ読み返して復習してます。