俺と某の電撃戦

旅行と科学系の事が好きな人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

家電なら買い替え

 ラブライブ!等のアイドル系アニメ・ゲームについての知識はほとんどないのだが、なんとなくダンスシーン映像を観てたら危うく沼にハマるところだった。技術力が素晴らしいですね。そしてかわいいですね。



www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com



 【限定公開】ってことはいつか削除されてしまうのかしら。


もうすでにハマってません?


 いいやぁ?




 最近……というかだいぶ前からだけど、休日のお昼ご飯は自炊するようにしてるのよね。と言ってもオムライス!とかカレーライス!とかオマール海老とこんにゃくのガーリックバソテーバター風味もやしを添えて!といったがっつりとした料理というよりは、肉に下味付けて焼いただけとか野菜炒めただけといったかなり簡単かつ低予算なものだけど。


なんか一つだけ変な料理がありましたけど


 最初は初級編ってことでこれぐらいの料理で練習しとります。


 今までは袋から出すだけとかレンチンするだけで食べれるものを食べてたけど、少しでも料理できるようになった方が後々のこと考えたら良いよなって思って練習するようになったのであります。なお完成品の写真は撮ってないのだが、そのうち「これぐらいのものは作れて当たり前」と思うだろう……というか思えるようにしたいからわざわざ撮ってないだけであります。とりあえずちょっと料理してみて分かったのは、鶏むね肉とささみは小麦粉か片栗粉まぶして焼けば固くならないということと、アジは美味いってことですねw。


 何か低予算で簡単に作れる料理があれば教えていただけると幸いです。

【書籍】私の内面を支える人生訓の一つ その3 小池一夫の 自分のせいだと思わない。

 気づいた方もいるかもしれないが、本の紹介記事に掲載していた本の表紙画像は著作権に触れる可能性があることが分かったので、過去の記事の分を全部削除しました。で、代わりにAmazonのリンクで何とかすることにした。まぁよほどのことがない限り訴えられるということはないと思うが、そこらへんはしっかりしておきたいので。なお小池氏の言葉の引用はTwitter上でも読めるものでもあるし引用をはっきりさせとけば大丈夫なはず。しかし画像が無くなってしまったのでなんとも味気ない記事になったなぁ。




 今回の本はコチラ↓。



自分のせいだと思わない。
小池一夫の人間関係に執着しない233の言葉


 毎度おなじみ故 小池一夫Twitter格言集第三弾です。今回の本は小池氏が亡くなった直後に出版されたものなのでそのことについての言及もあります。


 第二弾以前の紹介はコチラを参照↓。


arice403s6c7.hatenablog.com
arice403s6c7.hatenablog.com


 今回も233の言葉の中で特に印象に残った10個をピックアップしました*1。以下、「自分のせいだと思わない。小池一夫の人間関係に執着しない233の言葉」より引用↓。


だったら「ぼっち」を選ぶ
愛する人」と「寂しさを解消してくれる人」を
すり替えていませんか?
一人が嫌だからと無理に付き合っても、
結局はうまくいきません。
自分がすり減っていくばかりです。
それだったら「ぼっち」を選びます。
一緒にいる人は、愛する人じゃないとね。


いるべきところは、自分を肯定してくれる場所
近寄ってはいけない場所がある。
それは「自分が惨めになる場所」。
そこがどれほど魅力的に思えても、
自分が惨めに感じる場所だったら、
あなたに疎外感を与えている悪意の人が必ずいる。
そんな場所に無理にしがみつくことはない。
いるべきところは、
自分が否定される場所ではなく、
肯定してくれる場所。


ツイッターの三原則
ひねくれない。
洒落がわかる。
礼儀を守る。
これらが「ツイッターの三原則」だと思うのですが、
実生活でも同じですね。
たったこれだけのことで、
人とのコミュニケーションが
ずいぶんと円滑になります。
これに素直さが加われば最高です。


アドバイスを見分ける
誰かからのアドバイスが、
「こういう選択肢もあるよ」という、
行き詰った思考を広げてくれるものだったら、
聞く価値がある。
「ああしろ、こうしろ」という
思考を限定するものだったら、
「都合のいい人間」になってほしいだけだから、
聞く価値はない。
アドバイスは見分けないとね。


「自分の肯定」のほうが気持ちいい
「できないあいつ、だめだな」
という他人の否定より、
「できる俺、すごいじゃん」
という自分の肯定。
そっちの方が気持ちがいい。


「自分は弱い」と思い込んではいけない
ある人の言動に酷く傷つけられることがある。
しかし、傷つけられた自分が「弱者」で、
傷つけた者が「強者」だとは限らない。
人を傷つける言動をとること自体が、
その人の弱さの表れである場合も多いから。
だから、人に傷つけられて簡単に
「自分は弱い」と思い込んではいけないよ。


「パニクらない」で生きる
「パニクらない」で生きるって、
とても大事なこと。
小さななことから大きなことまで、
いちいちパニクっていたら、
「受け入れる」にしても「戦う」にしても、
正常な判断も行動もできない。
人として成長するとは、
パニクることが減っていくことなのだと思う。


怒りを手放す
「ある人が、無礼なことや不快なことをした」と、
そこで思考を停止していつまでも怒っているのは、
コチラの感情が
相手に支配されているのと同じこと。
もう少し考えて、
「そういう人は決して幸せではないだろうな」
「これからも幸せにはなれないだろうな」と
憐憫の情を抱きながら
怒りを手放すのだ。


不機嫌な人へ
不機嫌は、
無言の暴力。


あなたは大事に思われているか
相手が自分をどれだけ
大事に思ってくれているか、
判断するポイントは?
高価なレストランや、愉快な集まりや、
どんなところに連れていってくれたのかではなく、
その人が大事に思っている「人」を紹介されたかどうか。
立派なところに連れて行ってくれたかではなく、
「大事な人」を紹介されているかなんだよね。


 今回も心に留めておきたい言葉が見つかりましたね。言われれば分かっちゃいるけどいざ実践するとなると簡単じゃない、それでも安定した生活を送るためにも大事にしたい、そんな言葉たちです。




 以上、自分のせいだと思わない。の紹介でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。

*1:これまでの本で紹介した言葉と似たものはできるだけ除いてます

【書籍】今まさに知っておきたい東ヨーロッパの近現代史 池上彰の世界の見方 東欧・旧ソ連の国々

 今回の本はコチラ↓。



池上彰の世界の見方 東欧・旧ソ連の国々:
ロシアに服属するか、敵となるか


 ロシアとその周辺諸国近現代史を分かりやすく解説した一冊となっています。今年の4月に出版されたばかりのできたてほやほやですw。そんな最近の本を図書館で借りれたのは僥倖でした。


 連日ニュースでロシアのウクライナ侵攻が報道されているということもあるというのもあるけど、ロシア・ウクライナに限らずバルト三国中央アジア、東欧等、是非知っておきたい内容が満載であります。旧ソ連領だった中央アジアカザフスタントルクメニスタンは普段馴染みのない国なだけに特に興味深い(カザフスタンにあるバイコヌール基地をかろうじてガンダムで知っていたってぐらい)。もちろんタイムリーな話もたくさんあるので、時事問題を知るのにおススメです。


 他にもタジキスタンカザフスタン等、中央アジア・中東には”スタン”シリーズの国が多いけどそのスタンの意味*1を知ったし、東欧諸国・ロシアの政治や自治共和国に関することもよく分かった。全部書き出すとキリがないが、それだけ新たに知ったり学んだことが多かったです。


 それにしても池上先生の説明の仕方は相変わらず分かりやすいので、読んでて胃もたれしないし飽きずにずっと読み続けられる。池上先生のように物事を説明できるようになりたいねぃ。




 以上、池上彰の世界の見方 東欧・旧ソ連の国々の紹介でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。

*1:パキスタンを除く

【書籍】役立つ行動経済学を面白く 予想どおりに不合理

 最近PUFFYの「アジアの純真」という曲を知ったのだが、「マラリア」とか「夜になって熱が出て」って歌詞が出てくるから風邪とか病気の方のマラリアの歌なのかと思ったw。


 今回の本はコチラ↓。



 予想どおりに不合理


 行動経済学の本については以前も1冊紹介したと思うが、今回の本はアメリカの行動経済学の学者さんが書いた本です。以前の本についてはコチラ↓。


arice403s6c7.hatenablog.com


 「行動経済学」と言われると難しい経済理論とかの本かと思われるかもしれないが、要するにお金が関わる心理学で、難しい式や定義は出てこないし法則や理論を導く時に行うのもバラエティ番組の「モニタリング」でやるような社会実験なのでなかなか面白いです。最近だとバナナマンが出てる住友生命のCMでも「行動経済学」というワードが出てるから馴染みのある人もいるかも?



www.youtube.com


 CMにある「ホモエコノミカス」という単語も本書に登場しますし、「ナッジ」もさっき挙げた以前紹介した本に登場します。




 各章ごとの流れとしては、著者の日常生活とそこで気になったこと→気になったことを確かめるための実験→その結果と類似実験の紹介→考察と最後にまた著者の日常について といった感じで進む。内容そのものは先ほど挙げた以前読んだ本やThink Cleary、Think Smartで読んだことのあるものもあったが、専門の本ということでさらに深掘りされている。この本では


・おとりの選択肢を用意することによって、質問する側は回答する側の回答を操作することができること
・需要と供給は社会の授業で習ったような要因だけに限らないこと
・人は「無料!」という言葉に影響を受けやすいということ
・無償の頼まれごとはやるけど、安い報酬を提示されると途端にやる気をなくす理由
・冷静でいるときはやらないと思っていることでも、興奮状態になるとやらかすこと
・先延ばしする癖と目標達成について
・自分の所有物を過大評価して手放しにくくなること
・選択肢が多いと人は非合理的に行動するということ
・予測によって知覚(経験)が変わること
プラセボ効果と価格の関係
・人間不信や不正直といった人間の負の部分とお金・経済の関係
・飲食店の注文と行動経済学について


といったことを通して、人はいかに合理的に行動しようとして逆に非合理的になってしまうかを説明している。また同時にそれはランダムに起こることではなくちゃんと規則性がある(予想どおりである)ということで、本書のタイトルにあるように「予想どおりに不合理」であると語っている。俺も時折出てくる質問や実験内容について自分だったらどうするか考えながら読んでみたんだが、多分実際の生活で同じような場面になったら合理的とは逆の行動に出るだろうなと思ったから、人はやっぱ不合理のようですw。そしてこういったことを知っておくことで完全に無くすとはいかなくとも失敗や損失を減らすことができるかもしれないというわけです。


 470ページ以上もある文庫本なのだが、著者の書き方がなかなか面白いので全く飽きずに読むことができました。海外の人が書いた本の翻訳本は得てして読みづらいことが多いのだが、これは読みやすいのでオススメの一冊です。


 ちなみに著者はプラセボ効果で2008年にイグノーベル医学賞を受賞している。




 以上、予想どおりに不合理の紹介でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。

びゃあああああああ

 普段音楽以外の動画は1.5~2.0倍速や10秒飛ばしを利用して視聴しているという話は以前したと思うが、生配信のアーカイブ等だと6時間とか長いときだと12時間とかあるからこれを2倍速で見たとしても3時間とか6時間と長時間かかってしまうのよね。平日の帰宅後にやることやって配信のアーカイブ観てると、それだけであっという間に寝る時間になってしまうことがあるのよね。


 特にAPEXとかのオンラインFPSのゲーム配信とかだと戦闘が起きていない場面では配信してる人も事務的な報告(どこに何のアイテムが落ちてる、次の位置取り、敵の位置報告etc……)しかないから10秒飛ばしが多くなる、しかし突発的に何か起こったり会話・雑談があるとまた10秒巻き戻して観直すことがあるから、結果として視聴時間が想定よりかかってしまうことがあるのよね。


 そんなこんなしていた5月某日、私の中にある考えが浮かんだのでした。


 2倍速以上にできないかな……。


 もしかしたら何か方法があるのではとちょっと期待してググってみたらありました、Video Speed Controller


chrome.google.com


 FirefoxGoogleChromeの両方のブラウザで使用できる拡張機能(アドオン)で、ざっくり言えば2倍速以上の速度で動画視聴が可能というものであります。やっぱあるもんだねぃ。この拡張機能のすごいところは、YouTube以外の動画サイトでも使用可能ということッ。私が二番目によく観る動画サイトTwitchも適用可なのであります。しかもこの再生速度変更、なんと動画の最初や途中に流れる広告(CM?)の再生速度も変えられるんですッ。


すっごーい!


 これでテレビの録画みたいにCMを早送りできるよ。あとこれはおまけみたいなものだけど……YouTubeのトップページに表示される動画はマウスカーソルを合わせると小さい画面で再生されるけど、その再生速度も変えられるのであります。


 細かい導入方法や使い方は以下のサイトにあるのでそちらをご覧ください↓。


www.suida-log.com


 これでさらなる時短ができる……のだが、あまり速すぎるともはや内容が理解できないw。最大16倍速まで可能なのだが、ビデオの早送りとほぼ変わりないほど何言ってるか分からない。なので実際に使うときは4倍速以内になるかも。


 それでもイイもの見つけたので、是非これを見てる皆さんにも共有したいと思って記事にしました。


参考になれば幸いです

ナニワラッテンノ!?

 さて今日の安田記念、結果は……↓



 来ない、まるで来ない、綺麗なほど来ないッorz。


 1着ソングラインッ、粗品が選んでるから止めとこって思った時に限ってこれだよ。まさか呪いが解けたというのか!? そして3着に判断が難しいからといって除外したサリオスッ。なんなんでしょうか、私は逆神なんでしょうか。セリフォスとファインルージュは掲示板には載った(5着以内だった)から惜しかったんだけどねぇ。


 ワイドで来ないってよっぽどだと思うんですがどうなんでしょうか、競馬とはこんなもんなのでしょうか……と思ったけど、複勝でもワイドの4頭ボックスでも的中確率が10%台だから、意外とこんなもんなのかもしれない。それにしてもどんどん下がっていく回収率……。




 次のGⅠレースは少し日が空いて宝塚記念だが、現時点で既に当てる自信がないw。今年いっぱいはGⅠレースの馬券を買おうと決めているのだが、この調子では来年……というか秋以降は単勝とか複勝だけ、もしくは単複で買ってそうだな。余談だけどこの競馬記事も今年いっぱいは1レースごとに2記事書いていく予定だが、来年以降は分からぬ。今のところ数レースごとでまとめて1記事書くつもりだけど確定はしてない。

【競馬】第72回 安田記念

 明日は安田記念ですね。人の名前のついたGⅠレースは大体元理事長の名前。ということでさっそく私の予想はコチラ↓。


本命◎:⑦ファインルージュ
対抗○:⑧イルーシヴパンサー
単穴▲:⑨シュネルマイスター
連下△:⑮セリフォス
大穴☆:④ダノンザキッド
注・その他:①カフェファラオ、⑰サリオス


 今回は分析云々というのもあるけど、どちらかというと来てほしい馬を選んだって感じです。特にファインルージュ。しかし自分の中で対抗候補でかなりの有力馬だったソングラインは粗品が本命に挙げた馬だったので、泣く泣く除外しました。イルーシヴパンサーも上位人気だけど不安といえば不安。シュネルマイスターは確かにこの記事執筆現在は1番人気だし予想家さん達の予想でもそこそこ評価高いんだけど、ここんとこ1番人気が馬券に絡まないことが多いし除外しても支障ないのではと思ってたり。でもまぁ本命とまではいかなくとも保険ということで候補の一頭として。セリフォス辺りはホントにこれでいいのかちょっと悩んでる。その他にダノンザキッドは単純に来たらアツいな~って思うし、カフェファラオはダートの馬だし不安要素が多いけど当日の馬場次第では来たらアツい。サリオスは……どうだろ、今回の出走馬の中で一番判断に悩むw。


 買い目は⑦⑧⑨⑮のワイドボックス6点+①or④複勝1点*1の計7点。フォーメーションとかながしで買うと大体外れるので、今回はワイドボックスで手堅く。ただ上述の通り自分の中での順位が結構揺らいでるので、今回もギリギリになって買い目を変える可能性ありです。




 そろそろ勝ちたい(切実)。

*1:当日の馬場が稍重以下なら①、それ以外は④かもしくは複勝は買わない