俺と某の電撃戦

旅行や書籍、グルメ、雑記等を自由奔放に書いてるブログです。

俺と某の電撃戦

【競馬】第56回 スプリンターズステークス

 明日は久々のGⅠレース、スプリンターズステークスですね。GⅠレースしか馬券買わないと決めていたので、実に4~5ヵ月ぶりの競馬ですな。そして今週からほぼ毎週GⅠレースが入るので忙しくなりそうだ。


 秋のスプリンター王者を決めるレース。調べてみると1200mのGⅠレースは今回のと春の高松宮記念しかないのね。また凱旋門賞も明日の夜にあるようですね。



 ということで今回の私の予想はコチラ↓。


本命◎:⑬メイケイエール
対抗○:⑮シュネルマイスター
単穴▲:⑥ナランフレグ
連下△:⑦ウインマーベル
大穴☆:④ダイアトニック
注・その他:⑧ファストフォース、⑨ナムラクレア


 今回は他の用事もあってあまり予想に時間をかけれなかったので自分の分析中心で。春のGⅠは一番人気が1着に来ないという現象があったけど、だからと言って今回も来ないとは限らないので、一番人気のメイケイエールに期待。対抗はナムラクレア……にしようと思ったけど、粗品の本命だったので泣く泣くシュネルマイスターに変更しました。あとは来てくれたら嬉しいなーって感じのチョイス。



 そして買い目は、⑬⑮-④⑥⑦のワイドフォーメーション計6点。いつもより望み薄だけど個人的に来たら嬉しいなっていう買い目です。馬連でも良かったんだけど、精神衛生上の観点からワイドで。



 さて、春夏の私の結果は芳しくなかったが秋冬は果たして。

コスプレイベント「アコスタ鶴舞(9/24)」再び

 先週の土曜日に開催された「アコスタ鶴舞」にカメラマンとして2回目の参加を致しました。前回参加時の話はコチラ↓。


arice403s6c7.hatenablog.com


 今回もどんな感じだったか簡単に書いていくのだ。


前日まで

 前回イベント終了後から今回参加に至るまでの間に、ここまで脳内会議が紛糾したのは初めてかもしれないw。「もうここで手を引け!!」とか「いいやまだ何かあるかもしれない!!」等々、自分に対して自分が怒号飛ばしてた。


二重人格?


 というのも、前回のイベント当日から終了後にかけて多くのレイヤーさんに迷惑をおかけしたと思うことがいくつもあったので、これ以上迷惑かけないためにもコスプレ界隈に関与すべきでないのではって思ったのよね。ただまだやり残したことがあるからというのと、まだ初回だったしもしかしたらまだ何か希望があるかもしれない、ここからまたさらに次の参加に繋がるかもしれないってことで、2回目参加に踏み切りました。


 あと今回も一眼レフは同じのをレンタルです。後で知ったんだけど、私が借りたカメラってかなり古いタイプだったのねw。どおりで安いわけだ。まぁお試しだったし性能面では問題なかったからよかったけど。


当日


 画像はイベントが始まる直前の鶴舞公園。昼過ぎにはここがレイヤーさんとカメコでいっぱいになりました。


 数日前までは台風が最接近するので当日の天気はヤバいかも……という感じだったが、ご覧の通り当日は嘘のように晴れてました↓。



 参加者の皆さんの思いが通じたのでしょうか。


 そして周りの話を聞いてる限り、今回の参加者は前回以上だったっぽい。


 前回は日和ってなかなかレイヤーさんに声かけれなかったけど、今回の私は昔の私ではない。今回は事前にSNS等でレイヤーさんと交流をしていた状態だったので、以前よりはキョドらずにお声かけできました。むしろ(知識0だったとはいえ)昔の俺の事前準備なしの強行突破はさすがに無謀だったな。それでも最初は結構勇気が必要だったし、思ったような話し方ができずにキョドってしまったこともあったけどw赦して。あと鶴舞公園ぐらいの広さだと相互さんを探すのが意外と大変w。


 そして前日に取説読んだり当日に何回も撮影を繰り返すと、次第になにをどうすればいいのか分かるようになってきました(ストロボやAF、撮影設定等)。前回はただがむしゃらに撮っただけだったから、これもまた学び。


 相手を確認した時に「マコトさんですか?」って分かってもらえた時は嬉しかったなぁ。そして実際に会えたってことも嬉しかったなぁ。嬉しすぎて撮影中にやたらカメラを持つ手が震えたりニヤニヤしてデュフってしまったw。撮影させていただいたレイヤーさんには申し訳ない。あと撮った写真の現像中*1も撮った写真を一つずつ見ながら一人でデュフってたw↓。



(ジョジョ4部の吉良吉影風)


変態じゃないですか


 終わってからもオキシトシン出っぱなしでした。


 今回は前回以上に学びと楽しみを得ることができました。実をいうと、今回のイベントで特に手応えがなかったらコスプレカメラマンはもうやめようって思ってたのよね。でも今回こうやってレイヤーの皆さんに自分を認識してもらえたり楽しく交流ができて、次もまた参加したいって思えたのよね。だから少なくとも次も何か参加する予定です。それに、私にもついに推しレイヤーさんができましたし。





 以上、2回目コスプレ撮影inアコスタ鶴舞の話でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。

*1:写真の生データをJPEGなどの画像データに変換すること

佐賀・長崎戦記のおまけ

 ここでは前回までの記事で上げきれなかった佐賀と長崎の旅の写真やこぼれ話をおまけとして出していきます。


 そういや今回初めてカプセルホテルと呼ばれるタイプのホテルに泊まりました。よく見るカプセルホテルのベッドより天井が高いタイプでした。泊まる前はいけるっしょと思っていたんだが、周りの音で夜中何回か目が覚めたりして正直あまり寝れんかったw。あとは周りに迷惑をかけないためにあまり音を立てれなかったり鍵がついてなかったり室内で食事ができなかったり(食事はラウンジでとる)とマイナス点はあったが、その分宿泊費がビジホ以上に安いのが良い。どうせスマホの目覚ましアラーム鳴らせなかったんだから(目覚ましはマナーモードのバイブのみ)、耳栓して寝れば快適だったかもしれない。


テレビは一室ごとに天井近くについているので寝ながら見れました(ただし音声はイヤホンのみ)。また浴場付きだったのでお風呂も入れました



 グラバー園からの長崎の街並み。山の斜面に家が建っているのがこちらではあまり見ない光景だったので思わず撮ってしまった。それにしても雲が低いな。



 三菱重工業長崎造船所。あちこちで海上自衛隊護衛艦らしき艦艇が停泊している。



 長崎市内を走る路面電車長崎電気軌道。経験則として、路面電車が走ってる町は観光地として良い街という傾向がある気がする。


関係ないですけど、レミオロメンのバンド名の由来は、メンバーの一人が好きなイギリスのロックバンドの名前の頭文字「レ」、メンバーの一人の当時の彼女と自分の名前の頭文字「ミオ」、メンバーの一人が路面電車好きだったから「ロメン」でそれぞれ合わせて「レミオロメン」になったそうですよ


 急な豆知識。



 帰りの長崎空港で飛行機を待ってる間に食べた長崎角煮まんじゅうめっっっっっちゃ美味かった。今回の旅で食べたものの中で一番DPSが高かった(?)。歯がなくても食べれるほどホロホロでちょうどいい旨味の角煮と肉まんのような皮生地が非常にマッチしている。追加でお土産に買って帰ろうか迷った(冷凍だったのであきらめたけど)ほど衝撃的なうまさでした。


岩崎本舗公式HP


関連ランキング:肉まん・中華まん | 諏訪駅大村駅竹松駅


長崎空港2Fの売店エリアに直営店があります



 展望デッキからの眺め。写っている飛行機は乗る予定の飛行機ではない。余談だけど最近軍用機だけでなく民間の航空機についても本とかで読んで興味を持つようになった。車にはあまり興味を示さない私である*1のに飛行機にはこうも興味を持つ不思議。ちなみに行きの飛行機はエアバスA320、帰りの飛行機はボーイングB737-800でした。



 そういや飛行機を待っている間、人生で初めてラウンジを利用した。すっごい上品な感じで、身分が高くなった気分でしたw。ドリンクバーでコーヒーやジュースが飲み放題だったので、夜飯の足りない分をさっきの角煮まんじゅうと併せてここで補った。また有料だけどアルコール類や軽食も購入可能のようです。


 飛行機の中でも空からの夜景を眺めながらゆったり図書館で借りた本を読むという贅沢な時間を過ごすことができました。いやぁ嬉しいなぁ。



 そしてセントレアへ戻ってきたら矢場とんのぶーちゃん達によるお出迎えが。めっちゃこっち指差してくるやんw。


ちなみにぶーちゃんの正式名称は「横綱ぶた」だそうです


 今回の旅は初めての体験(カプセルホテル、ラウンジ)が多かったり日本三大をいくつも制覇したり(がっかり、中華街、うどん等々)と特別な旅となりました。


そういえば長崎といえばハウステンボスもありますが、行かなかったのですか?


 確かに電車で目の前は通ったけど、男一人でテーマパーク行ってどうするのw。


私という女性がいるじゃないですかー!! きゃるーん♪


 やべぇ。




 以上です。佐賀・長崎の旅の記事はこれにて全て終了です。ここまで読んでいただきありがとうございました。

*1:車は車種より動く仕組みとか内部部品に異様に興味を持っている

佐賀・長崎戦記⑤ 二日目 長崎市街 後編


photo:長崎県 グラバー園


 前回の続き。



 大浦天主堂を出た私はオランダ通りを通って長崎新地中華街へ行きました。グラバー園といいオランダ通りといい、日本の街並みとどこか若干異なる、異国情緒溢れる街並みが印象的で良かったです。上の画像は4つある中華街入り口の中の東門(蒼龍)ですねー。街並みは横浜や神戸の中華街を一回り小さくした感じ。そういえばこれで横浜、神戸、長崎の日本三大中華街も制覇したことになるな、ヤッター。



 ここへ来たのはこの「中国菜館 江山楼 中華街新館」で昼飯を食うためであります。


そしてその昼飯というのは……



 長崎ちゃんぽんッ。ちょうど昼時に来て多少待ったけど、10分程度で席に案内されました。そして肝心の長崎ちゃんぽんのお味はですね……美味いッ、やはり本場で食べるからか美味い。細切れ豚肉が食べ応えあったし豚骨の重厚感が非常に良い。ここでも食後に孤独のグルメのドラマのEDが脳内再生されましたw。


中国菜館 江山楼 公式HP


関連ランキング:中華料理 | 新地中華街駅西浜町駅観光通駅


長崎新地中華街の東門から入ってすぐ右手を向いたところにあります


眼鏡橋


 長崎ちゃんぽん堪能の後は眼鏡橋へ。路面電車で向かっても良かったのだが、軍艦島クルーズが無くなってだいぶ時間が余ってたというのと、電車で移動するほどの距離でもないということで徒歩で向かいました。しかしこの日は曇りだったけどジメジメして暑かったなぁ。


平和公園


 眼鏡橋の後は長崎市の北側にある平和公園へ。長崎といえば原爆投下の地としても有名だからねぃ。さすがにこの道のりは路面電車使いました。



 平和祈念像。よくテレビで見る。


上を指さしている右手は原爆の脅威を、水平に伸ばした左手は平和を、折り曲げてる右足は静を、立てた左足は救った命(「動」だった気もする)を、軽く閉じた目は戦争犠牲者の冥福を表しているそうです


原子爆弾落下中心地碑


 平和公園の近くにある原爆投下中心地にも寄ってみました。ちょうどこの石碑の上空で原爆が投下・爆発したそうです。



 当時の地層も残されている。爆心地周辺数十m以内で一体どれだけの人が生き残れたであろうか。


浦上教会


 予定よりまだまだ時間があるということで、当初予定になかった浦上教会にも行ってきた。大浦天主堂と混同しそうだが別の教会です。



 中は撮影禁止なので写真はないが、大浦天主堂より広くゲームとか映画でしか見たことないような神々しさがありました。


長崎原爆資料館と国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館

 


 浦上教会の後は当初の予定通り長崎原爆資料館へ行ってきました。中の写真は撮り忘れてたのだが、主に当時の様子に関する展示や核兵器に関する説明が並んでました。館内の詳しい様子は是非ご自分の目でご覧ください。当時は爆心地から数百m離れていても十分被害があるほどだったそうです。今の核兵器はその何千倍も威力があると聞くので、仮に今岐阜や名古屋の市街地に核が落ちたとしたら爆心地からかなり離れた郊外でも死人が出るほど被害があるだろう。



 また原爆資料館の中で「国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館」とも繋がっていたのでそちらも行ってきました。主に長崎原爆死没者の情報センター?となっていてこちらも写真は撮ってないのだが、中央に追悼空間があり、原爆死没者の氏名が記載された名簿が納められているそうです。あとは交流ラウンジに映像コーナーがあったので流されてた映像を一通り観てました。


そして帰還


 追悼平和祈念館を出た後は長崎駅に戻り、早めの夜飯として長崎駅内の長崎街道かもめ市場にある「だしぼんず」で五島うどんを食べました。上の写真は地獄炊き五島うどん。柔らかめのうどんに独特の旨味のあごだしが印象的なうどんでした。ここでも日本三大うどんと呼ばれる「讃岐」「稲庭」「水沢」に加えて3つ目として諸説あると言われる「五島」も制覇して完全なる制覇となりました。ヤッター。


五島うどん だしぼんず 公式HP


関連ランキング:うどん | 長崎駅八千代町駅長崎駅前駅


長崎駅内にある長崎街道かもめ市場の西側にあります



 そんで食後にそのまま長崎街道かもめ市場でお土産を買い、長崎県営バス乗り場から長崎空港へ向かい、飛行機でセントレアへ。こうして岐阜に帰ってきました。



 あ~充実した二日間だったなぁ。戻る途中の時点で既に幸せホルモン大放出でした。行けなかったところもあったけど、それを差し引いてもなお余りあるほど良い旅でした。これで残る県は九州南部4県+沖縄の計5県を残すのみとなりました。全都道府県制覇も近い。


 お土産のカステラ私も食べました。普通のカステラより密度が高く中身が詰まっていて、重厚感と甘味が印象的な美味いカステラでした。さすが福砂屋のカステラである。


カステラの切れ端も同じぐらい美味しいのに安いのでコスパいいです




 以上、佐賀・長崎の旅でした。長くなりましたがここまで読んでいただきありがとうございました。

佐賀・長崎戦記④ 二日目 長崎市街 中編


photo:長崎県 グラバー園


オハヨー!! 二日目だよー!!


 うるせぇ!


 ということで佐賀・長崎旅二日目。前日のうちに近くのセブンで買っておいたパンと麦茶で朝飯を済まし、ホテルをチェックアウトした私は次の目的地へ。


軍艦島……へ行くはずだったが

 ここから軍艦島へ向かう予定だったのだが……



 強風・高波のため全便欠航にorz。3年前の長崎断念といい、前日の伊佐山登頂断念といい、私は長崎の自然に拒まれているのだろうかw。ただ、これに関しては事前に予想はしていたのでそこまでのショックはなかったですね。ということでせめて軍艦島関連のとこだけはということで、軍艦島デジタルミュージアムへ向かいました。



 軍艦島上陸クルーズ乗船予定だった人は入場料が半額になりました。ここでプロジェクションマッピング?や当時の暮らしの展示を見たりしました。以下、ギャラリー↓。


 軍艦島全体模型。当時は人口密度日本一の地域だったそうで。映画館や学校など、あらゆる施設がこの島の中に集約されていたそうです。


詰め詰めですね


 SIREN2のモデルになっている場所でもある。真夜中に来れたらまさにそれっぽいだろうね。


 ビル新旧比較。廃墟マニア垂涎のビルなのではないでしょうか。


 石炭、暗くて見づらいかもしれないが、デカい。マイクラじゃん(?)。あと軍艦島って三菱が所有してたのね。初めて知った。


 他にも当時の長崎新聞とかの展示も見たんだが、昔は夏37.5℃超えで記事になってたんだなぁ。


オランダ坂

 ちょっと時系列が前後するけど、軍艦島デジタルミュージアムへ向かう直前にオランダ坂にも寄りました。


 以上


以上!?


 いや、本当にこれだけだものw。どこからどこまでがオランダ坂か定かじゃなかったので、そうと思われる場所は全部撮っておいた。そういえばこれで「日本三大がっかり名所」と呼ばれる札幌時計台はりまや橋オランダ坂を制覇したんじゃないか? ヤッター。でもオランダ坂は風情があったし活水女子大学への通学路ということもあって女子大生が結構歩いてたりと、はりまや橋に比べたらそこまでがっかりではなかったと思う。俺の中で最もがっかり名所だったのははりまや橋なのでw。


グラバー園

 時間が前後したが時を戻そう。次に訪れたのはグラバー園。明治日本の発展に貢献した貿易商トーマス・ブレーク・グラバー等の外国人の邸宅があった場所。その敷地が現在は博物館となっている。以下、ギャラリー↓


 旧三菱第2ドックハウス。長崎ではやたらと三菱の名を見聞きする。流石俺達の三菱だな!

 旧自由亭。今は飲食店になっている。昔テレビで見た。

 旧リンガー邸。


リン◯ーハット?


……の店名の由来になったフレデリック・リンガーの家。

 旧オルト邸。

 旧スチイル記念学校。

 そしてここが旧グラバー邸。学生の頃にこういうところにもっと行ってたらもっと日本史とか世界史の知見を深めることができたのだろうか。

 最後に長崎伝統芸能館を通って出口となります。ここでは長崎の祭りである長崎くんちで使われる曳物や担ぎ物が展示されていました。


長崎くん家?


 さ、次行こか。


大浦天主堂


 グラバー園の後は隣にある大浦天主堂へ。開国後に建てられたカトリックの教会で、隣には日本とキリスト教の歴史に関する展示があるキリシタン博物館があります。内部は撮影禁止なので写真はありません。また、キリシタン博物館も写真撮り忘れてたので写真はありません。スマヌ。


創設者のフランス人神父(プティジャン神父)と隠れキリシタンの生き残りが出会う「信徒発見」という有名なエピソードがあるそうです




 これで長崎市南側の観光は終わり。ここからさらなる目的地へ向けて移動するのだが、いったんここで記事を区切る。


ということで、とぅーびーこんてぃにゅーどっ

佐賀・長崎戦記③ 一日目 長崎市街 前編


photo:佐賀県 吉野ヶ里歴史公園


前回のあらすじ!


 佐世保へ行った。


 そして佐世保駅から電車で揺られること約2時間、向かったのは↓



 長崎市!(ドンッ)


 上の画像は長崎駅前なのだが、この時は駅前の開発工事をしていました。雨は降っていなかったけど雲が低い。そして長崎の気候がそういうもんなのか分からないが長崎市内にいる間はずっとムシムシしてる印象でした。なんというか、動かなければ暑くないが動くとすぐ暑くなるし風もややぬるい感じ。そしてやはり地元の人の言葉は訛っておりました。


 なおここから長崎市街の話が長くなるので、3編に記事を分けてお送りしてまいります。


ツル茶んでトルコライス



 まず私が向かったのは喫茶店 ツル茶ん。ここで今夜私が頂くのは↓



トルコライス


 昔なつかしトルコライスピラフとカレーとカツとナポリタンを同時にですかッ!? 最高じゃん。ピラフでカレーを食べるのって結構合うって分かった。カツも薄めだけどその分噛み応えのある(堅いというわけではない)良いカツでした。ナポリタンもトマトみが効いてて食べ応えがありました。あぁ、めっちゃ美味かった……。また食べたいなこれ。



 そしてこちらが食後のハーフミルクセーキ。バニラのシャーベットで、例えとしてあまりよくないかもしれないがグラスで食べるクーリッシュ。食後にちょうどいいデザートでした。


 食べ終わって店を出た時は勝手に孤独のグルメのドラマのEDが脳内再生されてたw。あぁ、満足。



関連ランキング:喫茶店 | 思案橋駅崇福寺駅観光通駅


崇福寺行の路面電車思案橋まで行き、そこから1~2分歩いたところにあります


 俺は駅降りた後、少し行きすぎちゃったけどねw。


伊佐山展望台から夜景……のはずだったが

 ツル茶んで夜飯を済ませた後は路面電車に乗って宝町駅まで行き、そこから歩いて伊佐山ロープウェーに乗って伊佐山の展望台から「日本新三大夜景」の一つに数えられる夜景を眺めに行こうとしたのだが……ロープウェーの受付の方曰く、この日は山頂で霧が出ていて上がっても何も見えないとのことorz。ナンテコッタイ。


ナンテコッタイ


 上がること自体はできたのだが、どうせ何も見えないのならということで引き返したのでありました。とりあえず来たという証だけ撮っておいた↓。



 翌日伊佐山の方を観てみたら、確かに山頂に雲がかかっててました↓。こればかりは自然のことだから仕方ない。


 


 他の展望台に行くという手段もあったけど、そんな体力は既に残ってなかった。


 そんなこんなありましたが、泊まるホテルに向かい、一日目を終了したのでありました。一日目にして既に充実した旅だなぁ。


明日はどこへ行くのかな ( ˘ω˘)スヤァ

佐賀・長崎戦記② 一日目 佐世保編


photo:佐賀県 吉野ヶ里歴史公園


 吉野ヶ里を後にした私が次に向かったのはコチラ↓。



 軍港の町、佐世保ッ。やはりライトミリオタを自称する私としては是非行っておきたい場所であります。これにて長崎入りです。余談だけど佐賀駅で乗り換えた時にCygamesのビルを見つけた。流石俺達のサイゲだな! これからも俺達はサイゲのことを信じてついていくぜぇ!(炸裂! 音速てのひら返し!!)



 日本最西端の駅。そういえば軍港ということもあって外人さんが多かったな。


佐世保史料館『セイルタワー』


 もちろん向かったのは、佐世保史料館『セイルタワー』。日本海軍と海上自衛隊の歴史に関する色んなものが展示されています。佐世保水交社という旧日本海軍の士官が会合や宿泊で使っていた施設の跡地を利用してあるようです。テンション上がってきた


なお無料で入場できます



 最上階から順に降りていきながら見学する感じです。最上階の7Fは映像が流れてるホールなのだが、つい予定より長い時間映像に見入ってしまっていたw。あと最上階からは上の写真のように停泊している護衛艦が見えました。展示テーマの「波濤を越えて」ってどっかで聞いたことあるなと思ったら、艦これのイベント海域とBGMのタイトルだったわ*1



www.youtube.com


 以下、ギャラリー↓。


 明治時代の艦艇。ずらっと並べると壮観であります。ガラスの反射が映ったのが勿体ない。

 戦艦三笠。横須賀行ったときに入ったなぁ。

 「ニイタカヤマノボレ 一二〇八」の暗号電報。知らない人にとってはなんてことない展示だが、私にとってはテンションの上がる一品。

 山本五十六長官の胸像と大和。日本海軍といえばこれかと。

 戦艦武蔵。逆光で暗いのが勿体ない。

 重巡那智と空母葛城の木の模型。

 重巡高雄。逆光で暗いのが(ry。

 空母雲龍

 駆逐艦陽炎。やっと会えた!

 空母赤城。知らない子ですね‥‥。

 護衛艦はるかぜ。ここから海上自衛隊の艦艇。

 海上自衛隊インド洋を行く。これ良いなぁ。

 護衛艦はたかぜ。ここらへんだとまだ日本海軍時代の駆逐艦の面影がある。

 砕氷艦しらせ。

 護衛艦あさぎり。ここらへんになると現代の護衛艦っぽさがある。砲の形状や艦尾のヘリがその理由か。

 旭日旗。これぞ日本軍・海上自衛隊って感じ。


 これで日本四大軍港都市のうち横須賀、呉、佐世保を制覇できたな。残すは京都の舞鶴だけである。


佐世保バーガー


 セイルタワーから四ヶ町商店街を通って次に向かうのは……



 BigMan 上京町本店佐世保のグルメといえば佐世保バーガー、せっかく来たのだから食べていかねばな。



 そしてこちらがスペシャルバーガー。ベーコンのしょっぱさと卵のマイルドさのコンボが普通のハンバーガーとは違う味わいを出していて美味いッ。良いもん食べれたなぁ。


BigMan公式HP


関連ランキング:ハンバーガー | 佐世保中央駅中佐世保駅佐世保駅


四ヶ町商店街から少しそれたところにあります


 あと関係ないけど、店の中でハンバーガー食べてた時に隣のヤンチャそうな二人組の青年が見た目に反してNISAの話をしててビビったw。


 それにしても吉野ヶ里遺跡佐世保と滑り出しが非常に良い旅でありましたな。そして佐世保を巡った私は次の目的地へと向かうべく、佐世保駅へ戻ったのでありました。


とぅーびーこんてぃにゅーどっ

*1:元々の由来は外国の昔の曲だが