俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

【映画】集結せよ。地球最後の日、60億の明日はたった14人に託された。

 昨日のカメ止めに続いて戦争映画以外で観たいものということで「アルマゲドン」を観た。これもプライベート・ライアンと同様に子供の頃に一度テレビで観たことがあったのだが、後半の一部しか記憶になかったので一度全部観ておきたかったのよね。



 あらすじも今更書くほどでもないと思うが……小惑星が地球に衝突して人類滅亡するのを阻止するために、石油採掘企業の社長と社員達が小惑星に降り立って穴をあけて核爆弾で真っ二つに割って軌道を変えに行く話。




 で、感想ですが……いやぁ、確かに良い映画でしたわ。以前も同じことを書いた気がするが、歳とると涙もろくなっていかんな。感極まって鳥肌の立つ段階がいくつもあったし、映画館でオデッセイ観に行った時と同じように感動しました。しかしそれと同時に「この映画ってこんなハチャメチャ展開だったっけ!?」とも思ったw。特に飛び立つ前まではアクションコメディの導入部分かと思うほどだったし。しかしこの緩急がクライマックスを引き立てているのかもしれない。オデッセイの時も序~中盤は火星版ザ!鉄腕!DASH!!のように楽しそうだったしワクワク感があったしな。


 昔テレビで観た時に頭イカれた奴いたよな~(ロックハウンドのこと)と思いながら観てて、前半は「あれ?思ったほどイカれてない……?子供の頃に観てたからそう思っただけなのかな」と思ったけど後半はやっぱイカれてましたw。あれでも一応設定上は天才なんだよね。そしてなんでアルマジロ(掘削マシン)にガトリングが付いてるんだw。


 あと序盤のタクシーに乗ってた人って松田聖子だったのか。アジア系っぽいけど何人だろうとしか考えてなかった。


アルマゲドン (字幕版)

アルマゲドン (字幕版)


 一度観た記憶がある映画だったから別に観なくてもいいかなぁと迷ったけど、観て良かったな。

【映画】最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。

 この間から観続けている映画のほとんどが戦争映画(WWⅡ関連)なので、たまには別ジャンルのものをということで戦争映画以外のを観るかということで見つけたのがあの「カメラを止めるな!」だったので、観てみました。



 あらすじはまぁ大体の人が知ってると思われるが、浄水場の廃墟でゾンビ映画を撮影していたら……という話。制作予算は300万だそうです。


 ネタバレになるのであまり多くは書けないが、一言で表すなら「そういうことだったんか」。後半で色々繋がってきて「あー、だからあそこでああなったんか」ってなる。観ながら色々推測はしていたが見事に外れました。ゾンビ映画?でスプラッターシーンもあるけど楽しめる面白い作品でした。


 最後に調べてて気づいたんだけど、この映画今年の3月に金曜ロードショーでやってたんやな。……やってたっけ?



 追記:昨日はバニーの日だったらしいので一応昔作ったやつを↓。


f:id:arice403s6c7:20180614222334p:plain

【映画】生き抜け若者たち

 昨日のフューリーと並んで気になった映画として「ダンケルク」があったので、今回はそちらも観ました。



 簡単なあらすじを書くと、第二次世界大戦ナチスドイツ軍の包囲によってフランスのダンケルク海岸に孤立した約40万人の連合軍将兵を救出する話(ダイナモ作戦)。


 で、観てて最初に思ったのは、他の戦争映画に比べてセリフが少ないということ。この間から観てきた戦争映画では主人公とその仲間が軽口叩いたりこの先の戦闘に関する議論を重ねたり身の上話をするってのがほとんどだったのだが、ダンケルクでは淡々としてる感じだった。ただWikiを読む限りそこらへんは監督の意志があるっぽいしそもそもこの監督の映画自体にそういった特徴があるようだ。


 あと気づいたこととしては、これまで観てきた戦争映画はある主人公とそれに関連する戦闘に焦点を当てて演出していくのに対し、今回のダンケルクは様々な視点(ダンケルク海岸、徴用されたドーソンさんの民間船、航空戦)が並行してダンケルクの救出作戦全体の様子を映し出しているような印象を受けました。


【映画】1945年、世界は傷ついていた

 昨日はたくさんのお祝いコメントとはてブコメントありがとうございました。繰り返しとなりますが今後とも当ブログをよろしくお願い致します。


 あと中京学院大中京は今日の準決勝で星稜相手に敗退してしまいましたが、岐阜代表がベスト4まで行くのは珍しいので個人的には良かった方だと思います。夏の甲子園で最後にベスト4まで上がったのは10年前で、あの時は確か県岐商がPL相手に勝利した年だったのを覚えてる。






 では今日からまた映画の話に戻ります。


 これは是非観ておきたいと前々から思っていた映画は大体観たので、次はオススメ映画で探して出てくるものの中で気になる映画を観た。そしてその一つが「フューリー」でした。



 概要を書くと、ドン(ブラッド・ピット)率いる戦車「フューリー号」を中心に大戦末期のナチスドイツとの戦闘を描く物語。ちなみにフューリー号のメンツは新兵のノーマン君以外DQNな体育会系です。


 戦車の映画と聞いていたのでガルパンのような戦車同士の戦車戦が中心かなと思ったがそういうわけでもなく色んな方式の戦闘が行われてた。もちろん中盤に戦車同士の戦車戦もあったが、なんというか……R-18Gのガルパンでした……。


 前半での話になるが、プライベート・ライアンの時より戦場の狂気が際立ってる感じ。現実は自分達が思っている以上に非情であり、生易しいものではない。戦闘時の色んなシーンも今までは盛ってるのだろうと思ってたが、今回のフューリーで決して誇張とかではないのかもしれないと感じた。後半は追い詰められた者達のアツい死闘でした。これも観ておいて良かった作品だったと思う。そしてドイツ兵一人撃てなかった新兵のノーマン君があそこまで変貌するもんなんやな。


 最後にWikiで調べて知ったんだが、戦場にいたドイツ人女性のエマさんの吹き替え声優とガルパンの西住みほの声優は同じだったんか……。字幕版で観てたので知らんかった(吹き替えでも気づかなかっただろうけど)。


祝 読者登録数100人突破記事

 遡ること8月上旬。ブログのトップページを開いたら……


f:id:arice403s6c7:20190811013703p:plain


テテーン

ブログ読者登録数
100人突破




 はてなブログ移転当初の目標であった読者数三桁となる100人を達成することができました!! ありがとうございます!! ありがとうございます!!


ヤッターーーーーーーーーーーーー!!


でも報告遅くないですか? もう突破してから半月ほど経ってますよ?


 書き溜めた先客の記事が約1か月半分ありその中で割り込んで差し込めたのがこの日だったので記念記事の投稿が遅れました。無理やり日にちを割り込ませることもできたのだが、「この記事は何月何日に公開したい」「この記事はいつでもいい」という公開待ち記事が混在していてその全記事の投稿予約日時を調整するのが面倒だったので即日公開を断念しました(タイムリーな話題や期間限定な話の記事に関しては無理にでも割り込ませることもある)。スミマセン。



 あと以前の指標に基づくと私は中堅ブロガーからセミプロブロガーにランクアップしていました(あくまでも参考だが)。






 で、こういう突破記念の記事で記念イラスト等を上げている方がいらっしゃるので、私も「みんなの着せ替え!」で突破記念画像を(若干酔った状態で)作りました↓。


f:id:arice403s6c7:20190810135929p:plain
背景画像:季節の無料イラストColor-full Days


 自分で作っといて何だが、かわいい。


f:id:arice403s6c7:20190810135948p:plain:w500


 アッ、カワイイ……。


キャーハズカシー!




 それにしても当初はいつか読者数三桁いけば御の字と思っていたのに移転後一年弱で達成してしまった。しかしここで慢心せず、今後はさらなる読者数獲得を目指したいと思います。次は200人ですかな。


 読者の皆様、特に有益な情報を提供してるわけでもなく自由気ままに書いているブログにも関わらず閲覧・購読していただきありがとうございました。今後とも当ブログをよろしくお願い致します。


よろしくお願いしまっす!


 以上、読者数100人突破記念記事でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。






 おまけ↓。突破記念画像の初期ボツ案。


f:id:arice403s6c7:20190810140021p:plain

期間限定 はんつ遠藤の北海道ラーメンリレー第11弾「yatai cafe menzo」レポ

 中京学院大中京が今日までにベスト4まで登りつめましたな。まさか作新との試合で満塁HRで大逆転するとは……。東海大相模作新学院という常連校の強豪相手に勝利するとは……。このまま健闘して良い感じの結果を残してほしいです。




 ということで4度目の「はんつ遠藤の北海道ラーメンリレー」、今回は第11弾の「yatai cafe menzo」で味噌ラーメンを食べに行きました。全弾行ってるわけではないがちょくちょく行ってるのでなんかちょっとしたシリーズみたいになっているな。


 前回行った第9弾はコチラ↓。
arice403s6c7.hatenablog.com


 あといつものように公式HP↓。
www.ramenrelay.com


 今回行ったのは期間の後半だったので特に長いこと並ぶということはなかったが、それでもそれなりにお客さんは入っていました。あと岐阜の高島屋ってPonta使えたのか、知らんかった……。


f:id:arice403s6c7:20190817131447j:plain


 はいドン、こちらが「丸得ラーメン」の合わせ味噌(他に赤味噌白味噌、醤油とある)。すりおろした生姜が添えられてたり、この画像ではよく分からないが下の方にもやしやきくらげがある。スープは比較的しょっぱめで麺は私好みの黄色い縮れ麺で同じタイプの麺の中では柔らかめといったところ。そして美味いチャーシューがたくさん入っていたのは嬉しい。


 あと他に気になったこととして北海道ラーメンリレーの味噌ラーメンはしょっぱめだったり濃いめのものが多いが、これは寒冷地である北海道のラーメンならではの特徴だったりするのだろうか。そして私が最近ラーメンのスープが濃いと思うことが多くなったのは歳のせいだろうかw。



第11弾は8月3日~22日までだそうです


 これが公開される時点では残り4日間ということになりますので、もし向かわれるという方がいらっしゃいましたらお急ぎください。


 以上、はんつ遠藤の北海道ラーメンリレー 第11弾 yatai cafe menzoのレポ記事でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。

少ない投資で大きなリターンな話 続き

昨日の続きー


 しかし金をかけずになるべく多く観たい映画を観るってなんかドケチな戦術だなと自分で思うw。確かに無料トライアルだけ利用して期限前に解約というのは法には触れてないけど、意図が意図だけに後ろめたさはある。


 思えば電子決済アプリや共通ポイント(Tポイント等)の整備をした時辺りから「いかに出費がある時に損失を少なくするか」「いかに得を大きくできるか」を考えるようになってしまったな。「しないと損する」というよりは「しないと得を逃す」って感覚。そしてこう思うようになったのと同時に還元率の低い方のクレジットカードで結構な額の支払いをしてたことを思い出して「勿体ないことしてたな……」と悔やむようになってしまった。


そんな話をするために続き扱いでこの記事を書いたんですか?


 いいえここからが本題。


 昨日のように無料トライアル→期限前に解約というのを考えた時に同時に思い付いたのが、「これ解約後に違う名義のメアドとカードで再登録したらまた無料トライアルできるのでは?」ということ。もしそうすれば持っているメアドとカードの分だけ無料で使い続けれるようになるってことになる。


 実際どうなんだろうと思いググってみると裏技としてそのやり方を紹介しているサイトもちらほら見受けられる(反面、詐欺罪になるのでアカンというものもある)。規約違反にはならないといったことや合法であると書かれているとこもあり、たしかに利用規約の禁止行為を読んでも直接禁止している条文はなかった。しかし利用規約の「(中略)不利益を与える行為」や「(中略)運営を妨害する行為」といった部分で間接的に引っかかるのでは?と思ったので私はやっていないです。一人の利用者から本来得られる利益が得られないってことだし。それに昨日も書いたけど、そこまでして長い期間映画を観続けることもないので、私にとってはハイリスクローリターンであると判断した。


 逮捕例は調べて限りでは見てないのでやってもバレにくい、キセル乗車みたいな感じなのかなぁ。ただバレて何かあっても文句は言えないな。
f:id:arice403s6c7:20190626163925p:plain
……と思うデフォちゃんであった。


思ってないわよ!




 念のため書いておくが、当記事を読んでから何かしら実践して如何なることが起きても一切の責任を負いかねます。


 以上、動画配信サービスの話でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。






 昨日読んだもの↓。



 なんか盛り上がってまいりましたな。



 半月前に1巻を買って今日読んだんだが、面白かったので追加で既刊分を全て購入した。体の仕組みの基礎がよく分かる健康漫画で、自分の身体という身近なことでも表現を変えることでこうも面白くなるのかと興味深かった。他のスピンオフも読むかは未定です。あと赤血球ちゃん(AE3803)がかわいいです。あと好酸球も。アニメ版を観て血小板ちゃんが好きという方々が多く見受けられ確かに私もかわいいと思いましたが、個人的にはそれ以上に赤血球ちゃんでした。


 そういや世界一受けたい授業でもこの漫画を使った授業やってたな(その放送日の数日前に1巻を買ってました)。