俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

勝手に期待して勝手に裏切られる

激動の11月もあと半分だ…と思ったが12月にも重要な用事が一つあるから気が抜けなくてストレス死しそうw。今年の流行語ノミネートがもう発表されたのか、もうそんな季節か。見てみたが、確かに今年は色んな流行語が出てきて、1〜2月に出てきたような「そういえばあったなそういうの」ってのも多々含まれていた。
普段から文句ばかり垂れてる人への対策の一つとして、真っ向から否定せずに話だけ聞いてあげるというのがある。実際俺の身近にもそういう人がいて冷ややかな目で見つつも仕方なしに聞いてあげてるんだが(上から目線になってるが、嫌々なので本当にこうなってしまう)、ここで困るのが、「話を聞いてくれる=味方」と勘違いしてくること。俺はまだそういう場面に遭遇してないが、なんかの拍子で俺が反旗を翻したり否定をした時にこういう事態になることが予測される。前に友人が言ってたことを今思い出したので書いたが、困ったものです。
余談だが、上のはあくまで対策の一つであって、他にも対策はとっている。書くほどの事でもないが念のため。