俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

暗黒面

私事ですが、昨年度修士を修了した元M2の先輩は「学内で先輩と呼ばれる人間」の中では恐らく今までの人生で一番尊敬した人かもしれない。優しい方だったし、分からないことも聞きやすくしかもちゃんと教えてくれるし、安心感もある。そして修論は専攻内で一二を争うほどのレベル。年の近い人に対して初めてこんな人になりたいって思ったかもしれない。高校の時の先輩とは大違いだなっw。もう研究室にはいないけど今何してるんだろうな。
さて話は変わって…他人を自分の思い通りに操ろうとする人やワガママな人と付き合うと、気を付けるように意識してても思ってることとは逆のことをしてしまうことがある。多くは語らないが、前に非常にわがままな人に自分の意見に対する同意を求められた時「自分はそうは思わない/思ってない」と言おうとしたのに、咄嗟に「まぁ確かにな」って口にしてしまって自分でも驚いた、コワイ! その時はサイコパスに陥れられたような気分だった。ホントこれは気を付けないと完全に呑まれてしまう。ただ露骨に反抗すると子供みたいに自分を正当化したり言い訳したり挙句の果てには拗ね始める(だろう)から面倒。どうしたものか。