俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

合理的な断わり方

関西人の言う「行けたら行くわ」は大体来ないというのがあって、俺も関西人ではないけど「行きたくないけどそう言ったら面倒なことになる、何とか否定の意を示さずにかつ行かなくても嘘ついたことにならない返答はないか」って時に何度か使ったことはある。しかし調べてみるとこの返答をあまり好かないって人もいることを知った。ならば私はどう答えればいいのか。はっきりと「行かない」と言った時に来る次の一手は「何故?」であり、それは「メンバー的に行く気になれない」とか「家でダラダラしてた方がいい」といった誘った側からしたら傷つく理由だが、それで快く納得してくれるのだろうか。ここで嘘の理由は言えないぞ。最も合理的な遠慮の返答が何かと考えた時に行き着いた先が「行けたら行くわ」だった。
補足:俺が「行けたら行くわ」を使う時は99%行かない時です。行くかどうか分からないって時点では使わない。
今日読んだもの↓

この感覚は甘々と稲妻だ(確信)。癒される。あと劇中劇のキャラが出るという共通点が(ガリガリさんとガオガオちゃん)。