俺と某の電撃戦

旅行と科学系の事が好きな人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

人生を簡単に終わらせる魔法のことば

今日ははんだごてで髪の毛焼けるし2回も感電するしで散々な一日だったw。ちなみにはんだごては実験機器の電源作るために使ってたんだが、台に立てかけていた時に前のめりになったら前髪がこてに当たって焼けたw。感電は2回とも手(腕)だったんだが、ホント触れた部分がビリビリってなる上に勝手に腕が動くからなんか変な感じ。今回は怪我もなく助かったけどモノによっては死んでたw。
しかし今回は別に気に病むほどの運の悪さではなかったと思う。確かに散々だったけど、怪我はしなかったしそれで自然に笑いが取れたのでそれはそれで良かったと思う。本当に気を病むレベルの運の悪さというのはキレられたり笑い話にすらできない、洒落にならないほどの時だ。
今日痴漢冤罪について「身分証や名刺を見せれば現行犯逮捕されなくなる」という話を思い出して痴漢冤罪について調べてたら、いつのまにか時間が経っていたw。電車通学が普通の俺だが自分が間違われたりその現場を見たことはない……が、電車通学してる以上こういうのは多分ある日突然自分の身に降りかかると思ったから、対処法を知っておこうと思って色々読み漁ってて時間が経ってしまったようだ。
で、結果から言うと逆効果ではないにしても現行犯逮捕に対する法律の関係上有利になることはないようだ。しかも現状確実に冤罪回避できる術もないという厳しい世の中orz。法律事務所のサイトとかで調べて一番多かったのは「すぐ弁護士を呼ぶ」という事だった。弁護士を呼べば必ず回避できるわけではないと思うが、丸腰でいるよりは幾分かマシだと思ったので、もしもの時に備えて俺も何件か法律事務所の電話番号をメモっておいたw。その他にもいくつか冤罪回避の手法を得たけどまぁ割愛。
「この人痴漢です」はホントそれだけでその人の人生を簡単に終わらせることができる魔法のことばだと思うw。明日から電車の中では下手に女性の近くにいないようにしないとな。