俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

自身のスクールカーストについて語る

花粉症が止まらないんだがまだ花粉が飛んでいるのか。
21巻と22巻の進撃の巨人の嘘次回予告でスクールカーストの話が出てたのを見て、中高の頃を思い返すといわゆるスクールカーストみたいのはあったな〜って思う。俺は中高共に良くてメッセンジャー悪くてギーク辺りだったけど、高校で卓球部辞めてからは一貫してブレインって感じだった。そして高校時代は野球部が絵に描いたようなジョック・プリーザーで、バスケ部あたりのメジャー系部活も絵に描いたようなプリーザーだったな。女子は知らない。
大学入ってからはそういうの無かったな。まぁ学生が多くて把握することはできないし中高のようにクラスがあるわけでもないから当たり前だと思うけど。就職後もそれは同じだろう。むしろ中高の頃のカーストが逆転することだってあると思う。
スクールカースト内では中の下といった立場だったけど、今は特に残念な気にはならない。ギークやブレインだった頃があったから今は院生として研究したり学会発表したりとそれなりの事が出来てると思うし、この先どうなるかは今後次第だ。大切なのは今や未来だ。
スクールカーストについてはこちら
今日読んだもの↓

説明会や選考の帰りに買ってこようと思いつつすっかり忘れていた。今までの謎の大部分が分かった回でした。