俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

俺と某の就活戦線

このサイト良いこと書いてあるな〜って思ってたサイトが実はマルチ商法勧誘のためのサイトだったことを知って若干ショックを受けたw。
さて、7月になったしそろそろ就活の最終結果を書いてもいい頃だろう。結果から言えば内定は複数頂き、最終的には待遇面(給料・福利厚生)では他の内定先に僅差で劣るもののやりたいことができそうな企業を就職先に決めました。自分の中では内心ぼんやりと決まっていたが、人生の分岐点を独断で決めるのはあまりに危険ということで一応大学の就職担当の先生や就職課の人、地元の友人や家族と相談した上で決断した。それでも本当にこっちでいいのかでかなり迷ってストレスが尋常じゃなかった。複数の内定を手に入れて悩むなんて贅沢な悩みだなって思ってたけど、いざその立場になると大変だったッス。ちなみに大学推薦は結局使わずに終わった。
就活全体の話としては、以前にも書いた通り就活解禁前の予想を下回ってた。どれだけ無い内定が続いたとしてもさすがに1次選考までは大体通過できると思っていたが、やはり今考えても1次落ちは多かったし、誰もが知ってる大企業になると書類落ちすらあった。
これにて私の就活戦線は終戦を迎えたが、今になってもどこを評価されて内定がもらえたのか分からないです。なのでこれから就活を迎える方に対してこれといったアドバイスができるわけではないが、その中でもこれは確実にそうだと思えたことを以前書いたことも含めていくつか残しておく。
・企業の採用ページに「人物重視」や「人柄重視」と書いてあることが多いが、ここでいう人柄というのは話の論理性や説得力のことであって、良識や善良さといった性格の良し悪しという意味ではない。ガッカリだぜ!(追記:こう思うに至ったのは「そうでなければ俺が落ちるのはおかしい」ではなく「そうでなければアイツが受かるのはおかしい」というのが根拠となっている)→関連記事はコチラコチラ
・就活戦線で戦う相手は企業だけではない。→関連記事はコチラコチラ
さて、これで研究の方に専念できる。とっとと結果出しきって卒業してしまおう。

↑就職先に決めた企業の最終面接の直前で脳内再生された曲