俺と某の電撃戦

旅行と科学系の事が好きな人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

その状況下、1mmでも譲歩がある限りそれは味方していることになる

 先日書いた後頭神経痛について、発症から1週間経っても一向に良くならないどころか悪化の一途を辿っており、寝ることもできないどころか勤務中にも発症して仕事にならないので、この前病院に行ってきました。思えば社会人になってから……いや、大学生の頃から色んな科の病院に行きまくってる気がする……。


なお今回は頭の神経関係だったので神経内科脳神経外科、ペインクリニックetc…を受診することになります


 単にこの痛みを何とかしてほしいってのもあったけど、帯状疱疹の再発の可能性も考えられたからね。帯状疱疹を患った時の記事は下記参照↓。


arice403s6c7.hatenablog.com
arice403s6c7.hatenablog.com


 この時も最初は胸椎椎間関節症と勘違いしてたから今回も(発疹はできていないものの)自己判断ミスの可能性があったのよね。あとこの時は神経内科/外科ではなく皮膚科でした。


 で、診療室に通されて事細かに問診を受けたり頸部のレントゲンを撮ってもらったりしたんだが、結局お医者さんにもはっきりした原因は分からず。症状的には帯状疱疹に近く、発疹が出ないタイプの可能性もあるかもという線も考えられたが断定には至らず。レントゲンの結果では特に頸椎の神経を圧迫してる様子はないとのことだが、お医者さんの方も恐らく後頭神経痛かも?という結論に至った様子。もっと詳しく検査するならもっと大きい病院でMRI等を撮る必要もあるということだったが、とりあえず神経痛用の薬や痛み止め等を数日分処方してもらって飲み続けたので、ピーク時に比べたらだいぶ痛みは治まりました。受診初日以外は痛み止め無しでも大丈夫なまでにはなったし。しかしこの時はまだ頭頂部右側に若干の痺れというか違和感があったので完治には至らず。2回目の来院で経過報告をしてとりあえず悪くなる様子はなさそうなので今は薬で様子見ということになりました。この時点でとりあえず帯状疱疹ではなさそうということになったのでひとまず安心。


 とはまぁなんだかんだあったが今は何とかなって治りました。お医者さんには感謝です。




 しかし数年前の帯状疱疹と言いこの前の親知らず抜歯と言い、このブログは時たま医療レポブログになるなw。かと思えば夢日記にもなるしラーメンブログにもなるし。


それ故の雑記ブログです