俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

歌詞の随所を同曲の別フレーズに交換・変更しても上手いこと噛み合う説

 昔から自分の頭の中でやっていたことなんだが、童謡などの歌詞をその曲の別の歌詞にすり替えると内容がシュールになったりして笑えるんですよねw。


 例として「およげ!たいやきくん」を挙げるが、各フレーズの後半部分を「嫌になっちゃうよ*1」にすると……↓。




毎日毎日 僕らは鉄板の

上で焼かれて 嫌になっちゃうよ

ある朝 僕は 店のおじさんと

喧嘩して 嫌になっちゃうよ

初めて泳いだ海の底

とっても気持ちが 嫌になっちゃうよ

お腹のあんこが 嫌になっちゃうよ

海は広いぜ 嫌になっちゃうよ

桃色サンゴが 嫌になっちゃうよ

僕の泳ぎを 嫌になっちゃうよ


 ネガティブすぎるでしょw。でもちゃんと歌詞を変更すれば意味としてはちゃんと通るのが不思議。


 余談だけど、「お腹のあんこが重いけど」と「桃色サンゴが手を振って」がごちゃまぜになって「お腹のあんこが手を振って」になった時は笑ったw。





 もう一つ紹介。


 「あわてんぼうのサンタクロース」を「序盤」と「最後のフレーズ」でそれぞれバラバラかつ「擬音語部分」を全部「あいたたドンドンドン」のフレーズにすると……↓


1番

あわてんぼうのサンタクロース

クリスマス前にやってきた

あいたたドンドンドン あいたたドンドンドン

みんなも踊ろよ僕と

ドンドンドン ドンドンドン ドンドンドン


 どんな風に来てんだサンタw。そしてその様子を「踊る」と表現するのは粋。不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまったんだよ……。




2番

あわてんぼうのサンタクロース

煙突の覗いて落っこちた

あいたたドンドンドン あいたたドンドンドン

鳴らしておくれよ鐘を

ドンドンドン ドンドンドン ドンドンドン


 なんで煙突から落ちて鐘鳴らすんだろう……あぁ、インターホンってことか。しかしここは上手く内容が噛み合わなかったな……。




3番

あわてんぼうのサンタクロース

仕方がないから踊ったよ

あいたたドンドンドン あいたたドンドンドン

真っ黒くろけのお顔

ドンドンドン ドンドンドン ドンドンドン


 踊るの下手だなサンタッw。そしてまさかの黒人サンタ。




 こんな感じで歌詞を入れ替えると面白かったりするのよね。


 今日は以上です。おしまいッ。

*1:音程・リズムも同じで