俺と某の電撃戦

旅行と科学系の事が好きな人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

私はあなたを否定しよう

友達と電車で旅をしてたら駅〜電車のどこかではぐれてしまって、見知らぬ土地に来てしまった夢を見た。そこらへんにいたお坊さんに相談したら「なんとかなるって」みたいな事しか言われなかったw。まぁ他にも色々起こったが、細かく覚えてない。
さっき新聞の表面(おもてめん)を読んでたら、隅の方に「絵画買取しています」という宣伝部分があった。そしてその挿し絵のイラストには、貝が浜辺で貝取りをしてるイラスト…。つまり「絵画買取しています」→「貝が貝取りしています」。これ考えた人センスあるな…と思ったww。
明日で事実上、俺は補習最終日である。なかなか充実した二週間であった(まだ終わってないけどw)。補習をやってきて分かったが、先生の教えてもらう時は、マンツーマンだとよく分かる(当たり前とか言わないでw)。言い換えれば、1対1でも上手く教えられなければ、ヤバいということか。しかし本当に良い先生というのは、上記に加えて良い人間ということだと拙者は考える。生徒の気持ちを理解しない、どんな人でも救えない教師は本当の先生ではないだろう(たとえ救いの手を求めていない人でも)。そう考えると、俺は良い先生、悪い先生、色んな先生に巡り会ってきたんだなぁと思う。個人的には、中3の頃の各教科の先生方が一番良かった。成人式の時にまた会いたいものだ。
友人が先日買い損ねた橙(ちぇん)のフィギュアを明後日買いに行くということで楽しみにしてるそうだ。後悔するくらいなら最初から買っておくべきだったね。
p.s 中3の時に習う2次方程式「(x+b)(x+c)=x^2+(b+c)x+bc」的な式、当時の数学の先生が授業中に、特に公式名がないから何故か「チェルシーの法則」と名付けてチェルシーの歌を歌い出したのはいい思い出w。