俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

うごくメモ帳の思い出

お題「思い出のWebサービス」


 はてなのプロフィールからはてなスターの数を確認してたら「うごメモはてな」の項目を見つけて懐かしいなってなった。うごくメモ帳及びうごメモはてなの概要については以下のリンクを参照↓。


うごくメモ帳 - Wikipedia
うごメモはてな - Wikipedia


f:id:arice403s6c7:20190520202339p:plain


 で、これがサービス終了間際に撮ったスクショ(黒歴史になる部分はモザイクかけてます)。高1の冬の誕生日プレゼントにDSiを買ってもらったことで始めた、私のネット活動の原点。当時はうごメモはてな内で「maこTO」という名義を使用しており、東方推しだったので「マコトが幻想入り」という幻想入りシリーズ(全40話+エピローグとエンディングとあとがき)を制作してました。自分と同姓同名のキャラクターの主人公が霊夢魔理沙と一緒に3日間日常を過ごしたり問題を解決するギャグマンガ。画力は皆無だったけどなッw。最終話の作品とあとがきではスターを約1万ほど頂き、当時の自分からしたらかなりの評価をして頂いた思うが、最終話の方はスクショ画像が見切れてて正確なスターの数が分からないorz。あとこのブログの2010年夏頃の記事を見ていただければ当時の制作に関する話があります(ブログ内検索で「幻想入り」って打てば多分出る)。


 上画像の「企画書」と「絵コンテ的な何か」というのは、シリーズ終了後に続編希望の声があったので外伝(短編の続編)の企画書と絵コンテ(?)のみを書き残してあとの制作は他の人がよろしくというもの。結局外伝は完結する前にサービス終了になったがな。


 作品数124に対して総閲覧数約6万、お気に入り者数300人弱、総スター数約45万の他に緑スター25個、赤スター1個ももらってたので自分は中堅作者……と自負している。少なくとも東方のチャンネル内では全くの無名ではなかったハズ。


 余談だが、デフォちゃんの前身のさらに前身である最初期のデザインもこの時点で作られていました。


私のご先祖様ですか


 どう表現していいか分からんけどそんな感じ。


 このサービス内で色々な人と出会ったし作品のコメント欄を使ってチャットで交流したりもしました。今でも数人は繋がりだけはある。


 DSi内(厳密には挿しこんでるSDカード内)に過去に投稿した作品のデータがまだあるはずだが、去年の断捨離の時に倉庫の奥底へとしまってしまったのですぐ見ることはできない。


 これをWebサービスと言うのかどうか分からないが、昔はあそこがネット活動の本拠地でした。作品作りは今となってはいい思い出。ちなみに今の本拠地はここです。


 最後に、この前の記事ピックアップでも挙げたけど参考のためもう一度↓。
arice403s6c7.hatenablog.com


 以上、私の思い出話でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。