俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

岩手・青森戦記③ 一日目 八戸編

f:id:arice403s6c7:20190804184747p:plain
Photo:岩手県 平泉


前回は盛岡市街をぶらり旅したところまででしたよね


 では今日はその続きから。


いざ青森入り

f:id:arice403s6c7:20190724181456j:plain


 まず盛岡駅から新幹線で八戸駅へ向かいました。これを以って初の青森入りを果たしました。ヤッター。


ヤッター!!


f:id:arice403s6c7:20190724184444j:plain


 八戸駅周辺。夕方ということもあってか(岩手同様)ジメッとしてなくて涼しいですね。で、今晩泊まるホテルのチェックインを済ませた後、夜飯を食うためにバスで八戸の中心街へ向かいました。駅と中心街が離れているのね。


散々交通費ケチって歩いてたのにここはバスなんですか?


 さすがにここは徒歩で行くわけにはいかないのでバスですよ。まぁ電車で本八戸駅まで行ってそこから歩きで向かうってのも良かったかもしれないが。


みろく横丁で夜飯

f:id:arice403s6c7:20190727093617j:plain


 そして夜飯はここ、みろく横丁ッ。小さめの飲み屋の屋台が通りに並んでいる屋台街である。


f:id:arice403s6c7:20190724201310j:plain


 屋台の中で私が前々から目をつけていたのが「ととや烏賊煎」。店名の通りイカをメインで扱っている飲み屋さんで、イカの生簀もある。


お待ちかねのご飯だよ~~


f:id:arice403s6c7:20190724195252j:plain


 そして刮目、これが「活いか活造り(イカゲソ天ぷら付き)」と「いちご煮(うにとあわびの潮汁のこと)」そして「生ビール」。イカは食感を残しつつも噛み切りやすいので食べやすい。これだけ美味いイカ食ったのは初めてかもしれない。さらにそこへいちご煮のあっさり感がまた良い。んまかったなぁ。上図メニュー+お通しで総額4000円ちょっととお高めだが、旅路の飯だから贅沢してもいいじゃない。旅っていいなぁ。


ととや烏賊煎HP


関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 本八戸駅


みろく横丁の入り口にあるので非常に分かりやすいです


 そういや今回初めて一人飲みしたかも。今までいくつかの一人○○を楽しんできたけど、飲みに関しては俺は複数人で飲んだ方が楽しいかもって思った。


 この後帰りのバスに乗ってホテルに戻り、一日目終了となりました。次の日も青森を満喫します。


二日目に続く ( ˘ω˘)スヤァ