俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

【書籍】人生最後の日に後悔することは何か あした死ぬかもよ? 人生最後の日に笑って死ねる27の質問 名言セラピー

 今回紹介するのはコチラ↓。


f:id:arice403s6c7:20210911173851j:plain:w500


 あした死ぬかもよ? 人生最後の日に笑って死ねる27の質問 名言セラピー


 先日30日無料体験で登録したAmazonプライムの特典の一つに「対象の電子書籍が読み放題」ってのがあり、それを利用して読んだものの一冊です。なのでいつもと違って直接本を撮影するんじゃなくてスマホ画面のスクショなんですねー。


 元々はこの本の著者「ひすいこたろう」さんの別の本「あなたの人生がつまらないと思うんなら、 それはあなた自身がつまらなくしているんだぜ。 1秒でこの世界が変わる70の答え」を読んでいたんだが、今回紹介するこの本も読み放題の対象に入っていたのを知ったので、(読み終わるのにそんなに時間がかからないということもあって)続けて読んでみました。それがまぁ結構興味深かったので今回紹介することにしました。ちなみに前述の本はコチラ↓。



 人はみんな死ぬ、けど自身の今際の際で後悔しないためにどう生きていけばいいか、そのヒントを得るための27の質問とその詳細が紹介された本です。文中では割とふざけた感じで書かれているけど、その実、死生観の本質について簡潔に書かれている。


 死生観に関する人生論の本は「夢をかなえるゾウ4」ぐらいしか読んだことがなかったけど、こういうことを見直すことは人間いつか死ぬことを考えたら大切なことだよなぁと改めて思う。大切なことは薄っぺらいと思えたり陳腐化されるほど当たり前でよく言われるようなことで案外みんな知ってることなのに、その当たり前のことがなかなかできないってことにも気づく。難しいことというのは意外と「困難なことをすること」であると同時に「当たり前のことを続ける」ことで、簡単なことはそのどちらでもないことなのかもねぃ。


 あとこの本読んで思い出した事が2つある。一つは先日「しえんさんと愉快な仲間たち」のやっこさんが雑談配信で話していた「死を身近に感じていたい」っていう話。もう一つはカイジ利根川の名言の一つ


「いつもどんな時も現実奴らにとって『仮』だからだ (中略) 『本当のオレ』を使ってないから今はこの程度なのだと……そう飽きずに言い続け…結局は…老い………死ぬっ……! その間際いやでも気付くだろう……今まで生きてきたすべてが丸ごと『本物』だったことを…! 人は……仮になど生きていないし仮に死ぬこともできぬ」


(ほんとはこの名言の前後の部分を含む全文を書きたかったけど、名言を書くことが本筋ではないので割愛)。


この気持ちを忘れずに生きていたいですね


 中には質問に納得のいくような答えを見出せなかったりカルト的なのではと感じることもあるにはあったが、私も死ぬ前に後悔することを少しでも減らせるように生活したいと思えるようにはなりました。





 以上、明日死ぬかもよ?の紹介でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。