俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

【映画】硫黄島の星条旗

 プライベート・ライアンと並んで真っ先に観ておきたい映画として「硫黄島からの手紙」があったんだが、この映画は「父親たちの星条旗」と2部構成になっている「硫黄島プロジェクト」らしく、先に第1弾である「父親たちの星条旗」を観るべきと思ったのでこちらを観た。ホントは一つだけ観るつもりだったんだが、幸運にもこの日は時間があったので2つともに見るに至ったのです。



 映画の概要を書くと、硫黄島の戦いで摺鉢山に星条旗を立てたことで英雄として祭り上げられる兵士達の苦悩を描いた物語で、戦場のシーンとその後のシーンが交互に映し出される。兵士達が祭り上げられたのは国債販促のためであり、決して太平洋戦争が一方的で圧倒的なアメリカ有利だったとは限らず向こうは向こうで一筋縄にはいかない状況であったことが分かる。


 これを執筆している現在は映画を観終わった直後でまだ硫黄島の手紙を観ていないが、この映画の場面はもう一方の映画にもリンクしてくるのだろうか。ということでこれから観てきます。