俺と某の電撃戦

旅行と科学系の事が好きな人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

気づけば人生下り坂、山中急斜面

面倒な同期の相手をし、直属の後輩は最近俺に対してナメた口を聞き始め(てる気がする)、頼りの先輩は就活で不在、先生は何故か俺にだけ重大な任務を与える、帰宅してからも先生や後輩のメールやLINEで気が抜けない…。今日は特にストレスの溜まる一日だったと思う。もっとも後輩の件は俺が甘かったってのもあると思うが、いつか胃に穴が開きそう。まだ院生活始まって1か月半しか経ってないのにもうこれだ。
現時点での人生の絶好調期はいつですか聞かれたら、私は大学合格が決まった瞬間と答える。昔「今までで最高のテンションになった瞬間は?」という質問に答えたときには「破滅への序曲」と表現したが、あの時は単位が危うくて背水の陣ということもあったからああ言っただけで、今思えば別にそんなことはなかった。今だから分かる、大学4年間はそんなに悪くなかった。むしろ破滅への序曲なのは院試があった去年の7月だ。少しずつ人生下り坂になりだしたのはあそこらへんからだ。