俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

今、岐阜でアツい(と個人的に思っている)ラーメン 「麺切り白流」レポ

 ブログのアクセス数が急にいつもの約3~4倍以上になってるんだけど、それにしてははてなスターやコメント、ブックマークが全く入っていない。何かがおかしい。バグか何者かの手による操作のような気がする。

一体何が起こっているというの!? 怖いよ~ッ

 ひょっとしたら入ってもこちらは分からないってのもあるかもしれない。もし昨日の記事にはてなスター等を入れたはずですが……という方がいらっしゃいましたらコメント等でご一報ください(その一報すら見れないかもしれんけど)。






f:id:arice403s6c7:20190126091314j:plain


 さて気を取り直して……今日は岐阜県瑞穂市にある「麺切り 白流」でラーメンを食べに行った。


いつからこのブログはグルメブログになったんですか?

 あくまでこのブログは日記+雑記+旅ブログで、グルメ記事は雑記の一部ですよ。


 このラーメン屋は関市にあるラーメン通の間では有名な「麺屋 白神」で修行していた方が独立してできた店で、去年開業したっぽい。2019年1月26日現在、ラーメンデータベースの岐阜のランキングでも結構上位に来ている*1。焼干し中華そばということだが、日によって出汁をとる魚介の種類が異なるというなかなか興味深いシステムの店である。ちなみに次の日に何の焼干しを使用するかは公式Twitterで確認ができるようだ↓。


twitter.com


日によって味が違うってことですね そうなると店の混み具合も日によって違ってくるのかも

 今日の開店直後はもうすぐで駐車場が満車ってぐらいには人が集まってた。


f:id:arice403s6c7:20190126101022j:plain


 そして刮目、こちらが白流の「特製醤油そば」である。魚介のダシが凄まじくて非常に美味い、旨味が凄い。麺は少し太め。具はチャーシュー、メンマ、ワンタン、ゆで卵(焼卵?)でどれも良い。特にチャーシューは噛むと旨味がじわじわ出てくる。店内のポスターによると「文殊にゅうとん」というブランド豚を使用しているらしい。卵は表面が少し硬くなっていて面白い食感だった。これは良いものを食えたな。他の人にも勧めたくなるラーメンでした。


周りに何もないので訪れるのに多少苦労するのが玉にキズです

 行くとなると車になるのか。公共交通機関で行くには1日3~5本だけ出てるローカルバスしかないか。


 以上、簡単にではありますが、麺切り 白流のレポ記事でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。

*1:一時期1位になってる時もあった