俺と某の電撃戦

旅行と科学系の事が好きな人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

【競馬】2022年 第39回フェブラリーステークス

 そういや高校生の頃、一つ上の人にクレペリン検査の結果について校長先生に呼び出しくらってた奴がいたな。確かに一見普通っぽく見えるけど、言動が異常だったことも多々あったし、目上の人にはめちゃくちゃ胡麻擂ってヘコヘコする一方で目下の後輩には強く当たり散らしてたし、俺の人生で関わった人(暫定)の中でもとりわけヤバい人の一人だったしなぁ。おぉ、怖い怖い。




 いよいよ今年初の中央競馬GⅠレースであるフェブラリーSが始まりますな。今年からG1レースは事前に自分なりの予想を記事にして書こうと思っとります。競馬Noobがなにを調子乗っとんねんって思うかもしれないが、まぁギャンブルですしプロであってもどれが当たるか分からんわけですからどんな人でも始めてみてもいいんじゃないかと思って書いてみることにした。


 それ以前にもこれまでの重賞レースで予想の練習もしてきたのだ。私の主な判断基準は、JRAの公式HPに載ってるデータ分析や過去10年のレース結果、YouTubeの予想動画何本かをもとに決めるデータ主義といったところです。


ウマ娘エアシャカールかな?


 馬自身を見て決めれるほどまだ知見があるわけではないですし。


 で、現時点での判断としては、


本命◎:⑤レッドルゼル
対抗○:⑩スワーヴアラミス
単穴▲:⑥カフェファラオ
連下△:⑬ソリストサンダー
大穴☆:③テイエムサウスダン
注・その他:⑪ソダシ



といった感じ。JRAのデータ分析にある「前走2着以内」「主要前哨戦出走」「馬体重」辺りに注目して、そこから残りの分析要素や過去の統計をもとに考えました。そういうわけで対抗指定のものの⑩スワーヴアラミスは結構注目してるところであります。しかしここ最近の重賞レースでの練習ではある程度候補を絞ってそれなりに的中させることができていたのだが、今回のフェブラリーSはなかなか候補を絞れなくて難儀しました。


 そういえばこの前「買い方も単勝か複勝辺りに絞る」と言ったな。あれは嘘だ。


うわあぁーーーっ!!


 買い目はワイドで、上記で挙げた⑤⑥⑩⑪⑬⑮に+③インティの中から当日の人気順次第で軸を決めて、他は全て相手にするながしの予定*1。というのも、過去10年で1番人気が3着以内に入る確率が8割となっているので、ワイドでも1番人気を軸馬にしても安定するかなと。その点では⑪ソダシはダート経験があまりないから果たしてどうなのかなと思ってたけど結構注目されてるぽいから、当日の人気次第では軸馬になる可能性もある。ただ馬券購入直前に1番人気以外になってた場合は他の馬に変更するか除外することも視野に入れている。


 馬体重540kg以上の成績が他の体重に比べて低いというデータ分析もあったこともあって、前回の根岸Sで1着だった⑮テイエムサウスダンはかなり心配だが、個人的に注目してる馬のうちの一頭だったということもあるし、ジャンポケ斎藤の予想でも本命に来てるということで、諸々考慮した結果大穴指定にしました。あとはnetkeibaTVの予想も取り入れてこのような結果となりました。



www.youtube.com


www.youtube.com




 さて、今年初のGⅠの結果がどうなるか、楽しみだねぃ。

*1:変更の可能性もあり