俺と某の電撃戦

旅行や書籍、グルメ、雑記等を自由奔放に書いてるブログです。

俺と某の電撃戦

【冬コミ】コミックマーケット103 1日目参戦


 そういや昨年末に開催された冬コミ1日目に実は行ってきてました。3回目にもなるともはやコミケ行くこと自体は別に特別なことじゃなくなってきましたね。ただ今回はいつもと違ってコスプレ撮影のカメラマンとしての参加です。会いたいレイヤーの相互さんがいたんでね。参考までに前回参戦したコミケの記事を↓。


arice403s6c7.hatenablog.com



 リストバンド参加証発売開始した初日にさっそくアニメイトへ買いに行ってきました。ちなみに1日目の午前入場です。



 新幹線の中で朝飯を済ませる。鯛めしの駅弁を食べたかったんだけど多分これだけだと昼飯食う暇がないコミケにおいて絶対昼頃に腹減って大変なことになりそうと思い、幕の内弁当も追加するという贅沢ぶり。正直これだけ食べてちょうど良かった。美味かったなぁ……。


……あれ?


 どうしたのかね君。


なんで静岡の駅弁なんですか? いつものように名古屋からのぞみだと静岡には止まらないですし、わざわざ駅弁買うためにこだまとかひかりに乗って途中下車するとは思えないですし……


 お気づきになりましたか(孔明)。何故静岡の駅弁を食べていたのか……それを話すと話が脱線してしまうのでそれは後日。まずは冬コミの話を。



 ということでなんだかんだで国際展示場駅に到着。8時半過ぎに着いたけどここで並んで10時半の開催(厳密には午前入場の11時)まで本を読みながらのんびり待機。防寒でカイロを用意していたけど、この日はそんなに寒くなかったのでカイロを使うまでもないほどで助かった。そして毎回この「これから戦が始まる」感が好きなんだよねぇ。これだけの人数が一か所に集まると戦国時代の戦で一軍勢としてとりあえず戦えるなって毎回思うw。





 そういうわけで11時頃に入場。混雑ぶりの写真を撮ってるけど、後で前回前々回参加時にも同じ写真を撮ってることに気付いたw。


 今回の流れとしては、まず顔見知りのレイヤーさんが売り子してるサークルスペースに顔出した後、企業ブースを回ったり買い物をし、その後はコスプレエリアで撮影活動という感じ。


 以下、しばらく企業ブースのコーナー。





 ホロライブブース。ちなみにここでリアルのグレート-O-カーンさんを見かけました。


グレート-O-カーンさんはプロレスラー(ヒールレスラー)で、だいぶ前に駅で泥酔客に絡まれた女の子を助けたことでニュースになった方です

ラブライブやホロライブ好きでもある、その見た目やキャラに反して優しくてかわいいところのある方のようです


 ギャップ好印象。でも最初現地で見かけた時、正直グレート-O-カーンさんのコスプレしてる人だと思ってました、すみませんw。


 KADOKAWAブース。


 アニプレックスブース。


 京アニブース。


 TYPE-MOONブース。


 屋内は寒かったどころか汗かくぐらい暑かったですね。事前に話は聞いていたけどこれほどとは。


 で、この後コスプレエリア(主に南展示場)でお会いしたかったレイヤーさんや撮影したいと感じたレイヤーさんの撮影に回っていました。ただ途中で落とし物をしてしまい、運営のインフォメーションへ落とし物を取りに向かっていたのもあって(ちゃんとありました)思ったより撮影に回れなかったし、今回会いに行きたかったにもかかわらずお会いできなかった方も結構いました、無念。落とし物取りに行くだけでそんなに時間食うんかって思うかもしれないが、人の多さと会場の広さもあって取りに行って戻ってくるまでに30分以上かかってましたw。


 さすがコミケ、とにかく全国から色んなコスのレイヤーさんが集まって、昼過ぎにはどのコスプレエリアも撮影のスペースに困るレベルの混雑ぶりでした。ジャンルは様々でしたが、肌感覚ではNIKKE、ブルアカ、原神が特に多かった印象です。


 そんなこんなしてたら16時になって1日目閉会となりました。そういや閉会までいたのは初めてかも。閉会時の拍手も初めて体験した。




 この後ビッグサイト出口から国際展示場駅まで1時間近く並んでりんかい線に乗り、帰路につきました。この光景もまたコミケだねぃ。



 戦利品。いつもは同人誌を1冊買うかどうかの出費なんだが、今回は私もテンションのあまり買い物をしてしまいましたね。でもシャツやショルダーバッグといった、できるだけ実用性のあるものを選んでるっていうのが俺らしいというかw。……おや、右のカレンダーは一体……?







 ちなみにここだけの話、お会いしたいレイヤーさんが次の夏コミ参戦を宣言しているので、次の夏コミも今のところ既に私も参戦予定です。




 以上、冬コミ参戦の話でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。