俺と某の電撃戦

理系の人が自由奔放に続けてる、ごく普通の日記+雑記+旅ブログです。

俺と某の電撃戦

俺と某の第二次糖質制限

※この記事は今年の6~7月の頃の話です。


f:id:arice403s6c7:20190806205346p:plain


第二次糖質制限失敗だよぉ~~~


 初っ端からネタバレッ!!(粗品風に)


 まぁそういうわけで6月末から再開した糖質制限は翌7月30日に失敗という結果で中断することになりました。一体私の身に何が起こったのか、事の顛末を見てみましょう。ちなみにこれまでの糖質制限記録については下記の記事を参照↓。


arice403s6c7.hatenablog.com
arice403s6c7.hatenablog.com


 もう引用しすぎて記事が擦りきれてるよぉw。


前回からの変更点


 特に内容に関しては前回からの変更はなく、同じやり方で6月29日から54.5㎏から再スタートしました。ただ唯一の変更点……というか追加内容として「糖質制限は夏場のみ」にした。厳密には寒くなり始めるまでだから10月ぐらいか。これは前回ので得られた教訓ですね。


 そして目標はキリのいい数値でかつBMIをさらにやせ型に寄せることができる「50.0㎏」を設定。まぁ今までと同じ流れだから10月までには達成できるし、夏場だから今までのように糖質制限が直接の原因で風邪をひくこともないだろうと思っていました。しかし……




惨劇起きる


 【悲報】ワイ、夏場の真っ只中に重い夏風邪をひくorz


うえええええぇぇん!!

(この記事のために新たに作った泣き顔吹き出しアイコン)


 まぁ直接的な原因を書くと「この前の岩手・青森の旅の疲れ」、「ストレス」、「疲労に対する睡眠不足」、「冷房による冷え」、「偏った食事と暴飲暴食」+「ウイルス感染する要因と思しき行動」がほぼ同時期に重なったことで実生活に大きく支障が出るレベルの夏風邪をこじらせることとなってしまった。このうち「偏った食事と暴飲暴食」は明らかに糖質制限(とこの前の青森でのビュッフェ)によるものと思われる(ちなみに空腹は免疫を上げると聞いたことがあるのでそこは原因ではないと考えられる)。歳のせいってのもあるかもしれんが、今までこれだけの要因が重なっても重い風邪をひくことは少なかったハズだけどなぁ。この夏風邪を治すのに1週間以上かかりました。


 通常糖質制限というと糖質を減らした分他を増やすというやり方なのだが、私は諸事情により「炭水化物を減らして他は据え置き」というスタンスをとっていたから、普段主食や炭水化物の塊の何か(芋とか)から摂っていた何かしらの栄養素が絶望的に不足していたのかもしれない(他にも色々足りてなかったしな)。本来はそれを他のどこかで補わなければいけないんだろうけどねぇ。まぁ食事のバランスが崩れていたのは確かか。


 今回は他にも色々な要因が重なった結果ではあるが、夏といえども風邪のリスクを常に一つ背負うことになってしまっていることが分かった。


いいもん!! 糖質制限やめるもん!!


 我ついに心折れる。そういうわけで1か月後の7月30日を以って最終記録52.6㎏(累計-17.8㎏)で糖質制限中断と相成り申した↓。


f:id:arice403s6c7:20190803124322j:plain


 まぁそれでもそれなりの結果は残せたし当初の目標自体は達成済みだったから良かったのかなぁ。なんか知らない間に体もくびれてたし。




今後はどうするの?


 とりあえず元に戻らないようにその後の経過でも書いたような緩和策で維持するつもり。もしまたやるとなったとしても長期間でやると体調を崩すから数週間~1か月程度の短期間でなら大丈夫かと思っているが、そこらへんはまだ検討中です。あと既にランニングシューズを買ってしまっているので、走るのは元が取れたと思えるまでは止めないつもり。10㎞マラソンとかハーフマラソンとか目指せたらええんやけどなぁ。他にはまぁ新たにマッチョ化計画とかできたないいなぁ~とか考えてるけどまだ思案の域を出てない。


ここで終わらせずに何か身体に関わる新たな目標を立てたいですね

(急に泣き止んでる)




最後に


 全面的に糖質制限はアカンというわけではなく、やり方次第でリスクも生じるということです。



 以上、第二次糖質制限失敗の話でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。